NEW

2020年1月14日に「Windows 7サポート終了」どうすればいい?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 職場や自宅で、いまだにWindows 7のパソコンが現役という人は案外多いだろう。しかし、Windows 7は2020年1月14日、ついにサポートが終了してしまうのだ。そのとき、果たして何が起こるのか? いったいどう対処すればいいのだろうか? ここではWindows 7サポート終了にどう対処すればいいのか解説しよう。

2020年1月以降もWindows 7を使い続けるのは超危険!


(Image:Friemann / Shutterstock.com)

 Windows 7は根強いユーザーを抱えるOSで、とくに企業向けのパソコンは買い替えが進んでいないという。確かに、Windows 7の基本機能は現行のWindows 10に近く、何不自由なく使えているため、買い替えが進んでいないのも頷ける。だが、2020年1月14日、ついにサポートが終了されることになったのである。果たしてこのとき何が起きるのか?

 その前に確認しておきたいのは、マイクロソフトの行うサポートの「性能更新」と「セキュリティ」のうち、すでに「性能更新」については2015年に終了。機能面でのアップデートは数年間行われていないこと。現在はコンピューターウィルスやハッキング対策などの「セキュリティ」サポートのみが行われている状況である。

 もちろん、2020年1月以降もWindows 7搭載パソコンは、そのまま使い続けることもできるのだが、実はこれがいちばん恐ろしいこと。セキュリティ対策が行われなくなるため、ハッカーに狙われてユーザーが犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるのだ。

続きは【オトナライフ】で読む

2020年1月14日に「Windows 7サポート終了」どうすればいい?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事