NEW

どうなるHUAWEI(ファーウェイ)問題、本当にGoogleが使えないの?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 米国の経済制裁によってGoogleとの取引が中止された中国のスマホメーカーHUAWEI(ファーウェイ)。これをうけて、2019年5月22日にはドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社がHUAWEIの最新モデル「P30」シリーズの予約販売を一斉に延期すると発表した。今後、HUAWEIのスマホでは本当にGoogle関連のアプリが使用できなくなるのか? 今後HUAWEIのスマホを買っていいのか? ここでは、急速に過熱してきたHUAWEI問題を解説しよう。

HUAWEIスマホでGoogleが使えなくなる可能性は高い!


(Image:viewimage / Shutterstock.com)

 米国の経済制裁によって、今後、中国のHUAWEI(ファーウェイ)はGoogleと取り引きできないことになった。これによって、2019年5月22日、日本でもドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが、HUAWEIの最新モデル「P30」シリーズ「HUAWEI P30 Pro」「HUAWEI P30」「HUAWEI P30 lite」などを一斉に販売延期すると発表した。

 すでに、HUAWEIスマホのバックドア問題や5G問題を取り上げてきたが、ここまで急激に米国と中国の貿易戦争が過熱するとは予想していなかった。とはいえ、HUAWEIはGoogleと取り引きできなくなったため、今後販売されるHUAWEIのスマホでは、Googleが提供するGoogle Play、Google MAP、Gmail、YouTubeなどが使用できなくなるのでは? と大騒ぎになっている。

 もちろん、すでに販売されているHUAWEIのスマホで直ちにGoogle関係のアプリが使えなくなることはないが、今後はセキュリティアップデートやアプリの追加や更新ができなくなる可能性は十分あり得る。今回の大手キャリアの措置も、HUAWEIの「P30」シリーズについて、そのあたりの状況確認ができるまでは販売しないという、当たり前の措置だったと言えるだろう。

続きは【オトナライフ】で読む

どうなるHUAWEI(ファーウェイ)問題、本当にGoogleが使えないの?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、GoogleHUAWEIスマートフォンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事