NEW

『向かいのバズる家族』今期連ドラ“視聴者の満足度1位”「面白さと怖さがすごい」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に翻弄される家族を描いた、内田理央主演の連続テレビドラマ『向かいのバズる家族』(日本テレビ系)。毎週木曜23時59分から放送という深夜枠での放送ながら、回を追うごとにじわりじわりと人気を伸ばしているようだ。

 本ドラマは、俳優で脚本家のマギーが手がけたオリジナルストーリー。“家族・恋愛・SNS”といったテーマを盛り込みつつ、家族が互いに無関心な篝(かがり)家を舞台にした物語が展開する。

 4月4日に第1話が放送され、主人公の篝あかり(内田)がひょんなことからSNSで“バズる”様子を描写。カフェ店長のあかりがクレーマーに謝罪する場面を、その場に居合わせたほかの客が動画に収めてSNSに投稿した。その美貌で話題になったあかりは周囲の変化に驚くが、実は彼女には“もうひとつの顔”が隠されていた。

 ドラマはあかりと涼太(白洲迅)の恋物語を交えつつ、あかりの母・緋奈子(高岡早紀)や父・篤史(木下隆行)も相次いでSNSでバズる様子が描かれる。緋奈子は料理動画のセクシーぶり、篤史は自身がプロデュースするドラマの炎上と、バズり方は三者三様。一方であかりは人気が上昇するとともに、“裏の顔”であるネット上の別人格「ナマハゲチョップ」の存在が周囲にバレないか、不安を募らせていく。

 物語が進むにつれ、それぞれの身元を知る人物が現れ、不穏な動きを見せる。あかりの過去を知る男・鍋島剛(笠松将)があかりに近づき、緋奈子には網野(大浦龍宇一)が接近。さらに、家族がバズっていることを知った篤史が、ドラマの宣伝に利用しようとするなど、複数のエピソードが同時に進行している状況だ。

 ドラマはSNSをテーマにしているだけあって、プロモーションにも余念がない。たとえば、ツイッター上には、あかりが更新している「ナマハゲチョップ」のアカウントが実在する。また、あかりがカフェ店員の情報漏洩を生配信で謝罪する場面では、同時刻に内田がインスタグラムのライブ配信で謝罪するという連動企画もなされた。ドラマと同様の謝罪内容で、ナマハゲチョップアカウントの存在も明かした。

 ナマハゲチョップのアカウントで、「トレンド入りしたい」とアピールしていたこともあってか、第4話が放送された後には、「ナマハゲチョップ」がツイッターのトレンドワード入りするほどツイートされた。

 現在、第7話まで放送を終えているが、ネット上では日を追って注目が高まっている。深夜帯の放送ということもあり、視聴率としては2%前後だが、「坂を転げ落ちるように情報が制御できなくなる怖さがすごい」「“ネットに踊らされる現代”という感じのドラマに仕立てられていて良いと思う」「SNSの面白さと怖さがしっかり描かれていて、どんどん引き込まれていく」「宣伝方法もドラマのテーマに沿っていて、今期一番面白い作品」といった声が寄せられている。

 5月23日放送の第8話では、家族と向き合うため、あかりが家族会議を開く。“本当の姿”を浮き彫りにしていく「バズる家族」に、どのような結末が待ち受けているのだろうか。
(文=編集部)

『向かいのバズる家族』今期連ドラ“視聴者の満足度1位”「面白さと怖さがすごい」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事