NEW

「メルカリ」の販売手数料を少しでも安くする【裏ワザ】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 今やフリマアプリと言えば「メルカリ」だ。金欠のときは、不用品を売ってお小遣い稼ぎをしている人も多いだろう。だが、メルカリで商品を売ると10%の手数料を取られるほか、さまざまな手数料が必要になるのが結構痛い。そこで今回は、少しでもメルカリの手数料を安くする裏ワザを紹介しよう!

メルペイを利用すると売上金振込手数料が無料に!


(Image:slyellow / Shutterstock.com)

 利用者数が多く商品が売れやすいフリマアプリ「メルカリ」は、お小遣い稼ぎにピッタリ。金欠のときに不用品を売って凌いでいる人も多いのでは? ただし、メルカリで商品が売れると手数料が10%、売上金を出金するための売上金振込手数料を200円(これまで無料だった1万円以上でも200円・お急ぎ振込は400円)も取られるほか、組直し手数料やライセンス手数料などもある。これらの手数料は結構痛いので、なんとか安くする方法はないものだろうか?

 さすがにメルカリの販売手数料10%はどうにもならないが、実はほかの手数料は安くすることが可能だ。たとえば、メルカリでは売上金を出金せずに、そのまま支払いに使えるシステムが導入されている。それがキャッシュレス決済サービスの「メルペイ」である。メルペイなら全国のコンビニやファーストフード店などの支払いに利用できるため、売上金をわざわざ出金しなくてもいいので、振込手数料を節約できるというわけだ。

続きは【オトナライフ】で読む

「メルカリ」の販売手数料を少しでも安くする【裏ワザ】のページです。ビジネスジャーナルは、IT、アプリメルカリ手数料の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • IT
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事