NEW
エンタメ

山田邦子、事務所批判にスタッフ辟易…現場でのワガママ態度で人気タレントから転落

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記者への暴言

 山田といえば1995年、現在の配偶者と交際中に不倫と報じられ、芸能リポーターの井上公造氏に直撃取材されて激怒。その時、「お前モテないだろう」「バカじゃないの」と罵倒する姿がテレビで放送され、山田が収録現場などで見せるワガママな態度やスタッフへの対応の悪さなどが週刊誌に書き立てられ、山田のイメージは一気に崩れた。それまでは「好きなタレント調査」といった類の調査では高い好感度を誇っていたが、急降下。冠番組やテレビCMなどが次々となくなり、第一線からは外れていった。

「邦ちゃんは、今さら昔のような活躍をする気もないみたい。若い時に稼ぐだけ稼いで、経済的にはまったく困っていないし、今だって仕事がないわけではないですから。ただ、若い頃の功績を思えば、邦ちゃんの晴れ舞台でもある『長唄の会』に太田プロのスタッフが誰も顔を出さないというのは、やっぱり事務所の功労者に対して失礼でしょう。最低限の礼儀を尽くしていれば、邦ちゃんも気分を悪くするような人ではないですから」(テレビ局関係者)

 今さら山田にイメージアップを図ろうという気もないだろうが、今回はSNSが災いの元となったようだ。
(文=編集部)

関連記事