NEW

家庭用マッサージ機、1万円以下で買える“優れモノ商品”5選!全身ほぐれまくり

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日夜、ストレス社会で働いていると体も心もヘトヘトに疲れてしまう。マッサージ店に行き、プロのテクニックで首から足先まで癒やしてほしいと思っても、そんな時間すら取れない……。

 そんな多忙なビジネスパーソンにおすすめなのが、自宅でプロの技が堪能できる家庭用のマッサージ機だ。お店のように営業時間を気にする必要もなく、部屋でテレビを観ながら疲れを癒やすことができる。

 だが、そんなマッサージ機選びのネックになるのが高額という点だ。「良いものは高い」とわかってはいるが、手頃な価格で確かな効果を得られるものはないのだろうか。

 そこで「家電量販店で1万円以下で手に入る」という条件で、価格のわりに多機能でコストパフォーマンスに優れたマッサージ機をチョイスしてみた(価格は税別、オープン価格)。

THRIVE チョッパーフィット ハンディマッサージャー MD-8301/2340円


 肩用のたたき系マッサージ機ながら、長い持ち手を利用して、肩甲骨付近や背中まわりなどの手が届きにくい部位、腰やふくらはぎ、足裏などの疲れがたまりやすい部位も強烈連打でほぐす、ハンディマッサージャー。たたく速さは2段階に切り替えが可能だ。本体は女性や高齢者でも難なく持てる軽さで、体のコリをピンポイントでほぐしてくれる。

 通販などでは2倍近い価格で売られていることもあるので、店頭購入のほうがお買い得だ。唯一難点を挙げるとすれば、電源をコンセントから取らないと使えないため、使用場所が限られる点くらいだろうか。

DOCTORAIR 3DマッサージピローS MP-001/8330円


 マッサージやフィットネスに特化した「DOCTORAIR」の人気商品。3Dのもみ玉と温感ヒーターが搭載され、まるで人の手にもまれているような気分が味わえる。ピロー型の形状で首や肩のコリをほぐしてくれるほか、腰、ふくらはぎ、腿の裏側など、いろいろな部位に使うことが可能だ。

 自室はもちろん、オフィスのデスクやマイカーの中でも本格的なマッサージが味わえる。カラーはディープレッド、ブラウン、ブルー、ブラック、ピンクの5種類で、雰囲気に合わせて選べるのもうれしい。筆者も使ってみたところ、心地よい温かさに思わずウトウトしてしまったが、15分間作動すると自動で電源がオフになるので、うっかり寝てしまって電気代が無駄になるという事態も回避できる。

DOCTORAIR 3Dマッサージロール MR-001/9070円


「3DマッサージピローS」と同じくDOCTORAIRから発売されているマッサージ器具。4つのバリエーションで振動する棒状のマッサージ機で、全身のありとあらゆる部位をほぐすことができる。さらに、持ち手が付いた付属の「アシストカバー」を使えば、手の届かない部位やロールを当てづらい部分にも使用可能。見た目は小さいが、全身をパワフルにマッサージしてくれる万能アイテムだ。

 充電式で使用時はコードレスで使えるため、取り回しよくマッサージできるのが魅力。フル充電で最長約180分も使用可能な上、675gと軽量なので出張や旅行などでも活躍してくれること間違いなし。

家庭用マッサージ機、1万円以下で買える“優れモノ商品”5選!全身ほぐれまくりのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、マッサージ機家電量販店の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事