NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

昼休みに“これ”をやると、なぜか午後も眠くならない!仕事の効率も下がらない!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 午後になると、仕事で疲労も蓄積してくるのか、仕事効率が悪くなったり生産性が落ちたりします。午前中と比べても時間的に長い長い戦いです。
 
 午前中の疲れを癒し、午後の戦いに挑むための心と体の準備の時間となる昼休み。みなさんは、どう過ごしていますか? ランチを食べに行ったり、食事のあとは携帯やパソコンをいじったりしているうちに昼休みは終わってしまいますが、この昼の時間帯を上手に使えば、午後の仕事の生産性も上がります。

 ということで、今回は午後の仕事の生産性を上げる昼休みの過ごし方について、(1)運動、(2)昼寝、(3)コメディーを見るという3つの観点から考えていきます。

(1)運動:10分間の中強度運動(ペダル運動)が生産性を上げる

 筑波大学の征矢英昭教授と農研機構の檀一平太氏の共同研究グループが行った実験で、エアロバイクのような中強度の運動を10分程度すると、注意や行動と関係する脳の働きが向上するということが明らかになりました。

 実験では20名の被験者に、光トポグラフィという装置を使って、運動直後に文字の色と文字の意味が同じか違うかを答えさせる「ストループ課題」という課題に取り組んでもらい、その間の脳の活動を観察しました。結果、運動した場合には、反応時間も正答率も上がっていたのです。しかも、適度な運動はメタボリック・シンドロームのリスクを下げるのにも役立ちますから、昼休みにご飯を食べたら、腹ごなしに10分ほどジョギングや早歩きウォーキングなどをしてみてはいかがでしょう?

(2)15分の昼寝が生産性をあげる

 せっかくの昼休みに運動するのは面倒臭い、あるいはそもそも運動は苦手とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。そういう方におすすめなのは昼寝です。昼寝の効果についてはたくさんの研究があります。ここでは脳の反応について調べた産業医学総合研究所の高橋らの研究を紹介します。

 この実験では、昼食後に昼寝をしないグループ、15分間昼寝をするグループ、45分間昼寝をするグループに分けて、昼食前、昼食の30分後、昼食の3時間後に、認知機能に関係する脳波、眠気、心電図を計りました。被験者は、ヘッドホンから聞こえてくる音を聞き分けて、ターゲットとなる音が聞こえたらボタンを押すという課題をしました。

昼休みに“これ”をやると、なぜか午後も眠くならない!仕事の効率も下がらない!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、仕事昼寝生産性の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事