NEW

『インハンド』第7話が“マジ神回”…想定外の友情物語&菜々緒の母親役好演に感涙の渦

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 山下智久が主演を務める連続テレビドラマ『インハンド』(TBS系)の第7話が5月24日に放送され、平均視聴率は前回より0.8ポイントダウンの9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第6話で、内閣官房サイエンス・メディカル対策室に勤める牧野巴(菜々緒)に娘・美香(吉沢梨里花)がいることが明らかになったが、第7話では美香が生まれつき免疫機能が弱いPID(原発性免疫不全症候群)を発症し入院していることが明かされた。現在、PIDに有効といわれている治療法は骨髄移植だけだが、ドナー提供者は見つからずHLA型(白血球の型)が不一致のため、牧野がドナーになることもできない状態だった。

 そこで、牧野はメディカル対策室のアドバイザーに就任した変人天才科学者・紐倉哲(山下)に「PIDの治療法を見つけてくれないかな。私の娘を助けてほしい」と頼む。すでに、牧野の上司・綱野肇(三石研)から美香の状態があまり芳しくないことを聞いていた紐倉は、珍しく素直に牧野の頼みを引き受けた。

 紐倉はまず美香の父親、つまり牧野の夫・賢一(永岡卓也)について調べる。賢一はすでに事故で他界していたものの、PID遺伝子を持ちながらも発症することはなかったという。そのため、科学者だった賢一は「自分の体に発症しない理由が隠されているはず」と自分の検体を使いPIDに関する研究をしており、賢一が亡きあとは賢一の父親・将之(おかやまはじめ)が研究を引き継いでいた。しかし、共同研究をしている企業から研究費を打ち切られてしまい、これ以上研究を続けるのは難しいという。

 そのため、治療法が見つからない牧野は、美香がPIDを発症したときの保険として賢一が残していた凍結精子を使って人工授精を行おうとしていた。生まれてくる子どもと美香のHLA型が一致すれば、美香の骨髄移植が可能になるからだ。つまり、牧野は兄弟の命を救うための新しい命、すなわち“救世主兄弟”をつくろうとしていたのだ。しかし、紐倉は救世主兄弟のことをあまりよくは思っていないよう。とはいえ、ほかに治療法が見つからない今、紐倉は「僕たちには止める権利はない」と牧野に告げた。

 その一方で、紐倉はPIDの治療に関する研究を続けていた。橘研究所から大量のPIDに関する論文を取り寄せ、片っ端から読み進めていくと、ようやくPID治療に応用できそうな内容の論文を発見する。すぐに元となる論文と引用文献を取り寄せたものの、そこには結論として「まだ思うような研究結果に至っていない」と綴られていた。

 再び振り出しに戻ってしまった時に、美香の病状が悪化し意識不明の状態に陥ったと牧野から連絡が入った。これに紐倉は「くそっ! どうやら僕は天才じゃなかったみたいだ」と落ち込む。牧野もまた、採卵していた卵子での人工授精がうまくいかず、なす術がない状態に泣き崩れるしかなかった。

 そんななかで紐倉は、賢一が残していた検査結果のファイルをふと手に取ると、保存していた糞便を使って腸内細菌を移植させる“糞便移植”を思いつく。通常のPIDには効果がないが、消化器症状に限定している美香のPIDになら治療効果が見込めるという。その紐倉の予想通り、治療後はもうすぐ小学校に通えるほどまでに美香は回復したのだった。

 その結果、今までは“依頼者と研究者”、もしくは“アゴで使う側と使われる側”という関係だった牧野と紐倉の間に「友情」という新たな関係性が生まれた。

 今回の放送では、牧野のピンチを救うために素直に協力する紐倉の姿が印象的だったようで、インターネット上では「今回の話では、語らずとも芽生えていた友情。すべて泣けた」「第1話とは変わって3人の間に友情が出てきて、インハンドめっちゃ良い」「今回が1番泣けた。3人の友情最高だった」など、感動したという声が集まっていた。

 また、今回初めての母親役に挑戦した菜々緒についても「菜々緒、母親役もあり!!」「菜々緒さん、結構演技の幅広いなあと思った! 悪女もカッコいいけれど母親役もなかなかいいですね!」「菜々緒ちゃんが本当に母親に見えた」「菜々緒の母親役、予想外にいいね。今まで強い女ばっかりだったけど、もっと役の幅が広がりそう」と、かなり高く評価する声が多い。菜々緒はこれまで、“悪女”“クール”“ドS”というイメージが強かったが、これを機に母親役など幅広い役柄も増えていくのではないだろうか。

 次回は紐倉のライバルが登場する予定だが、友情が芽生えた紐倉、牧野、高家春馬(濱田岳)の3人の掛け合いが、どう変化するのかにも注目していきたい。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

『インハンド』第7話が“マジ神回”…想定外の友情物語&菜々緒の母親役好演に感涙の渦のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事