NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

由布院・老舗旅館、熊本・大分地震で半壊から奇跡の復活…全従業員解雇、被害3億円から逆転

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

由布院・老舗旅館、熊本地震で半壊から奇跡の復活劇…全従業員解雇、被害額3億円から逆転の画像1

大分県の由布院温泉。右奥に見えるのが由布岳

 

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数ある経済ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

「3年前の大地震の際、由布院の施設でもっとも被害が大きかったのが『山荘わらび野』です。ここが営業を再開し、本当の意味で地震後のスタートラインに立つことができました」

 大分県の由布院温泉観光協会・前会長の桑野和泉氏(由布院玉の湯社長)は、こう話す。桑野氏は今年、12年務めた同協会会長を退き、常任顧問に就任したが、「由布院らしさ」への活動は精力的に続けている。

 山荘わらび野は、木造平屋のひなびた雰囲気で人気の旅館だったが、2016年4月の「熊本・大分地震」で半壊して営業を休止。19年2月15日に営業を再開した。

2018年の年間観光客数は「約400万人」

 メディアや観光業者が選ぶ「行ってみたい温泉」で、毎回上位に入る「由布院温泉」が復活してきた。由布市の調査による「平成30年観光動態調査」では、18年に同市を訪れた観光客(日帰り+宿泊客)は442万1672人。対前年比114%となった。

「調査データの総数のうち約9割が由布院温泉なので、由布院への観光客数は約400万人となっています。熊本・大分地震で震度6弱を記録した直後は大きく落ち込みましたが、地震前よりも多くの方が来られるようになりました」

 長年にわたり観光客と向き合う、由布市まちづくり観光局・事務局次長の生野敬嗣(しょうの・けいじ)氏は、こう説明する。

 6月上旬、筆者は2年ぶりに大分県の由布院温泉を訪れた。以前とは観光客の実態が変わったが、平日にもかかわらず人出は多かった。ちなみに、前回の取材は地震から7カ月後だった。

 今年6月18日にも新潟県と山形県を中心に最大震度6の地震が襲った。被災地が平穏な日々を取り戻すことを願いつつ、“災害列島”の日本では全国各地で他人事ではないだろう。

 今回は、地震後の人気観光地・由布院の取り組みや課題を、参考事例として紹介したい。

外観を変えても「由布院らしさ」は変えない

由布院・老舗旅館、熊本地震で半壊から奇跡の復活劇…全従業員解雇、被害額3億円から逆転の画像2
緑に囲まれた広大な敷地にある「山荘わらび野」

「まだ完全とはいえませんが、新たなお客さまとともに、地震前からの常連客もご宿泊いただくようになりました」

 山荘わらび野の支配人・高田陽平氏は、こう語る。1988年に同氏の両親が開業した7室の旅館は、後に10室に増やした。それが、地震で本館や離れの大半が大規模半壊や半壊。幸い、宿泊客は無事だったが、全面的な建て替えが必要となり長期休業を余儀なくされた。

由布院・老舗旅館、熊本・大分地震で半壊から奇跡の復活…全従業員解雇、被害3億円から逆転のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事