NEW

しまむら・パシオス、夏に“絶対買い”のアイテム厳選!激安なのに蒸れない&汗の臭いをカット!

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
しまむら」(左)と「パシオス」(右)の店舗(筆者撮影)

 ここ最近はユニクロなどのファストファッション勢に押されてはいるが、しまむらは1953年に1号店がオープンして以降、日本のアパレル業界を長きにわたって支えてきた。

 2019年2月期決算によると、売上高は5459億円(前期比3.4%減)、営業利益は254億円(同40.7%減)、純利益が159億円(同46.2%減)。苦境に陥っているのは一目瞭然だが、安さと品質を兼ね備えた掘り出し物をいかに見つけるかという“しまパト”(「しまむらパトロール」の略)にいそしむファンも多いし、ファッションコーディネートサイトの「WEAR(ウェア)」を見ても、しまむら商品のオシャレな活用例がいくつも投稿されている。

 また、しまむら傘下の田原屋が関東・関西・中部に165店舗(今年2月20日時点)を展開しているパシオスも、しまむら並みに激安かつ豊富な品ぞろえだ。北海道から沖縄県まで1428店舗(同)を擁するしまむらに比べれば小規模だが、こちらも庶民の味方として親しまれている。

 そこで今回は、しまむらの「CLOSSHI」(クロッシー)、パシオスの「SUFFUSE」(サフューズ)といったプライベートブランド(PB)商品のなかから、筆者が商品をピックアップ。3部門に分け、どちらのほうが優秀なのかを独自の基準で対決させてみた。

【トップス】しまむらは綿、パシオスは麻

 まずは、両者のトップスから比較していこう。

 しまむらは近年、夏向け商品の「素肌涼やか」シリーズが定番となっており、テレビCMでの宣伝にも注力。どちらかといえばレディースの「素肌涼やかニットカーディガン」(1900円/税込、以下同)と「素肌涼やかシャツワンピース」(2900円)のほうが大々的に取り扱われているようだが、メンズでも「素肌涼やかシャツ」(1900円)が用意されているので、今回はこちらの商品を取り上げたい。

 この「素肌涼やかシャツ」には遮熱糸が使われており、従来の綿100%の生地よりも最大で7度、涼しく感じられるとのこと。筆者が試着してみたところ、ひやっとした着用感とオーガニックコットンの肌触りが心地よかった。

 一方、パシオスが今年の春夏の“パワーアイテム”としてプッシュしているのが「フレンチリネンシャツ」(2300円)である。“接触冷感”というコンセプトはしまむらの「素肌涼やか」シリーズと共通しているものの、しまむらはコットン(綿)、パシオスはリネン(麻)なので、素材の違いは明らかだ。

 リネンのざらりとした質感は、コットンに比べると好みが分かれるかもしれないが、いざ着てみると通気性はバツグン。汗をかいてもべたつきにくいし、これからの暑い季節、さらりと羽織って外出したくなるアイテムに仕上がっている。おまけに、消臭テープが使われているのも嬉しいポイントだ。

 そして、しまむらの「素肌涼やかシャツ」はデニム風のものと、縦シマ模様のものくらいしかデザインのバリエーションがないのに対し、パシオスの「フレンチリネンシャツ」は、見た目的にも涼しげなパステルカラーを複数展開。400円高くても、ここはパシオスに軍配を上げよう。

しまむら・パシオス、夏に“絶対買い”のアイテム厳選!激安なのに蒸れない&汗の臭いをカット!のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事