NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシック音楽のバロック、バッハやヘンデルの音楽は今より独創的…岡本太郎との共通点も

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, ,

クラシック音楽誕生

 岡本氏は、縄文芸術という古い過去の美意識を発見し、自分の芸術で再び花開かせたわけですが、過去の美を再発見し独自の芸術をつくりだしたという点では、モーツァルトやベートーヴェンにも共通しています。とはいえ、彼らが独自に考えたというのではなく、同時代に活躍した“古典派”と呼ばれる作曲家たち、さらに芸術家たちにも通じる話です。

 皆さんは小中学校の音楽の授業で、バロック→古典→ロマン派と時代が進んできたと習われたと思います。ちなみに、バッハやヘンデルが活躍したバロック時代は、少し古めかしい感じがすると思いますが、実はまったく反対です。バロックという言葉は、“真珠や宝石のいびつな形”という意味を持っていて、それ以前のルネサンス芸術から考えると、実際にはアバンギャルドな芸術なのです。バッハやヘンデルの音楽を聴いてみると、独創性に富んでいるという点では、今の音楽以上かもしれません。

 そんな時代が進んできて、少し倦怠化してきたころに、イタリアのナポリの近郊で大きな発見がありました。それが、世界遺産にも登録されているポンペイの古代都市遺跡です。西暦79年、キリスト教徒の迫害で有名なローマの暴君・ネロ皇帝が死んで10年ほどたった頃、ヴェスヴィオ火山の大噴火により一瞬にして火山灰の下に埋もれた古代都市です。これが発掘されたのが、1748年です。

 この発見はヨーロッパ中の芸術家たちに大きな衝撃を与えました。火山灰の厚い層が、当時の様子をしっかりと保存してくれていたことで、1世紀のローマ帝国に花開いた彫像、建築がはっきりとよみがえり、それまで考えられていた“いびつな形=バロック”という印象とはまったく違う、様式美を持ちながらもエネルギーに溢れた芸術に、当時の人々は夢中になったのです。もちろん、流行に敏感な芸術家たちは、その様式美を取り入れて、新しい芸術をつくり始めました。それが、1700年も前の古い遺跡の再発見から始まったので、“古典派”と呼ばれるようになりました。

 そんな時代に作曲家たちは、様式美の極致でもある交響曲やピアノ曲に使われる「ソナタ形式」を確立したわけです。ちなみに、モーツァルトも少年時代にポンペイの遺跡を訪ねたと、記録に残っています。

 この古典派の時代に、モーツァルトやベートーヴェンのように、クラシック音楽の正統的かつ模範的な音楽作品が生まれたわけですが、「クラシック」こそ古典という意味です。語源としては、ポンペイ遺跡の発掘により一大ブームになったギリシャ・ローマ芸術から来ています。クラシックは、古代ローマ時代における6つの階級の中の最高階級を表し、「正統的な、模範的な」というラテン語「classici」に由来しています。つまり、クラシック音楽は、本来ならば「正統派フレンチレストラン」と同じく、「正統派音楽」ともいえるのです。
(文=篠崎靖男/指揮者)

クラシック音楽のバロック、バッハやヘンデルの音楽は今より独創的…岡本太郎との共通点もの画像2
●篠﨑靖男
 桐朋学園大学卒業。1993年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで最高位を受賞。その後ウィーン国立音楽大学で研鑽を積み、2000年シベリウス国際指揮者コンクール第2位受賞。
 2001年より2004年までロサンゼルス・フィルの副指揮者を務めた後、英ロンドンに本拠を移してヨーロッパを中心に活躍。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、BBCフィルハーモニック、ボーンマス交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、フィンランド放送交響楽団、スウェーデン放送交響楽団など、各国の主要オーケストラを指揮。
 2007年にフィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者に就任。7年半にわたり意欲的な活動でオーケストラの目覚ましい発展に尽力し、2014年7月に勇退。
 国内でも主要なオーケストラに登場。なかでも2014年9月よりミュージック・アドバイザー、2015年9月から常任指揮者を務めた静岡交響楽団では、2018年3月に退任するまで正統的なスタイルとダイナミックな指揮で観客を魅了、「新しい静響」の発展に大きな足跡を残した。
 現在は、日本はもちろん、世界中で活躍している。ジャパン・アーツ所属
オフィシャル・ホームページ http://www.yasuoshinozaki.com/

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事