NEW
『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』発売記念インタビュー【前編】

ぱいぱいでか美に聞く「私がこの、ハイ・リスク&ハイ・リターンな芸名を選んだ理由」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』(リットーミュージック)

 人気バラエティー番組『有吉反省会』(日本テレビ)にレギュラー出演しているほか、歌手、グラビア、執筆業など、多彩な活躍を見せるタレント・ぱいぱいでか美。インパクト大な芸名と、“名乗るほどでかくないがそこそこでかい”Fカップバストを武器に、独自路線で活動を続けている。

 そんな彼女がこの2月、自らの半生を描いたエッセイ集『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』(リットーミュージック)を上梓した。同書では、高校時代に鬱病に近い状態に陥ったこと、恋人とケンカして部屋のカーペットに火をつけた経験など、バラエティー番組で活躍する現在の彼女からは想像しがたいネガティブなエピソードまでが、あけすけに語られている。さらに、彼女の“恩師”と呼べる存在である、ゲスの極み乙女。の川谷絵音や博多大吉との対談、ミュージシャン大森靖子からの手紙も収録。まさにぱいぱいでか美の半生がぎゅっと凝縮された一冊に仕上がっている。

 そこで本サイトでは、そんな彼女にインタビューを敢行。この前編では、同書へのこだわりから、少々恥ずかしい芸名のこと、そして大好きなハロプロのことなどついて話を聞いた。

写真=岩澤高雄(The VOICE MANAGEMENT)

ぱいぱいでか美(ぱいぱい・でかみ)
1991年5月3日、三重県生まれ。インディーズでのバンド活動などを経て、2014年5月、ミュージシャン大森靖子のプロデュースでシングル「PAINPU」をリリース、同年6月にはデビューアルバム『レッツドリーム小学校』を発表。2014年8月からは『有吉反省会』(日本テレビ)にレギュラー出演、一気に知名度を上げる。自身の楽曲の作詞作曲やライブ活動、楽曲提供、グラビア、コラム執筆などジャンルやメディアにとらわれず活動中。大のハロプロファンとしても知られる。

波乱万丈じゃなくても、一生懸命生きてたら上手くいく

 ぱいぱいでか美、初の著作『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』は、元々はwebサイト「耳マン」での連載から始まった企画であった。書籍化が決まっても、なかなかその実感が持てなかったという。

「書籍化にあたって締切のペースが早まったり、表紙の材質を決めたりしている時に、ようやく実感が湧いてきた感じですね。でも書きながら、私の人生ってほんと平凡だよなって思いました。28年間生きてきたけど、大きな事件とか、ほとんど起こらないんですよ。でも『別に波乱万丈じゃなくても、一生懸命生きてたら上手くいくんですね。そういうところに元気づけられました』って声も届いたので、出してよかったのかなって思っています」

 同書は、装丁やグラビア写真など、随所に彼女自身のこだわりが感じられるものに仕上がっている。

「テーマが『私の半生』なので、自分の世代感みたいなものを出したいと思って、表紙の“髪ブラ”は浜崎あゆみさんのオマージュにして。あと、カバーを外した表紙と裏表紙は、私が学生の時にはやっていたプロフィール帳をイメージしました。子どもの頃の写真って、普通女性タレントさんだったらかわいい写真を選ぶと思うんですけど、私は容赦なく全然かわいくないブスな写真を選んでいるんですよ。そこはぜひとも評価してほしい(笑)」

 連載にはなかった書籍独自の企画として、ゲスの極み乙女。の川谷絵音と、博多華丸・大吉の博多大吉との対談、そしてミュージシャン大森靖子からの手紙が収録されている。『紅白歌合戦』(NHK)出演の際にコーラスのひとりとして彼女をNHKホールのステージに呼んだ川谷、『有吉反省会』で彼女をイジり続ける博多大吉、そして彼女のシングル曲をプロデュースした大森と、それぞれ彼女と深い因縁を持つ関係だ。

「私の人生において圧倒的にお世話になってきた人たちにオファーしました。川谷さんと大吉さんは、1対1で真剣に話したことがなかったですし、逆に何度も語り合っている大森さんには、お手紙を書いていただいて。さらに私のお母さんとお父さんからの手紙も載せてて。私の、なんかヘンな尖った部分は全部お母さん譲りなので、それが全部出てるなっていう内容ですね。お父さんは真面目。お母さんは、『自分が一番おもしろい』と思われたがっているような人です(笑)」

ぱいぱいでか美に聞く「私がこの、ハイ・リスク&ハイ・リターンな芸名を選んだ理由」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事