NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

画期的新薬・キムリア、1回3千万円超に保険適用決定…健康保険制度の危機と命の問題

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 白血病治療の新薬「キムリア」が保険適用されることになり、健康保険制度に対する影響が懸念されている。麻生太郎財務相は5月21日の記者会見で、22日から「キムリア」の保険適用が開始されることについて問われ、「高額の医療をやって存命期間が何年ですっていうとだいたい数カ月、そのためにその数千万の金が必要なんですかってよく言われる話ですけど」と答え、高額の治療薬に国の保険制度を適用することに疑問を呈したことで、物議を醸している。

「キムリア」はスイスの大手製薬企業のノバルティス社が開発した急性リンパ性白血病の画期的な治療薬。医薬品の有効成分は、通常は特定の化学物質でつくられているが、キムリアの有効成分は化学物質ではなく、生きた細胞だ。

 血液の中には、体内に存在する異物を攻撃、排除する役割を持つ免疫細胞がある。キムリアの有効成分は、このうちT細胞と呼ばれる免疫細胞だ。急性リンパ性白血病患者自身の血液を採取し、ノバルティス社の「細胞加工施設(CPC)」で、採取した血液からT細胞だけを分離し増殖させると同時に、「がん細胞を攻撃する能力を高めるための加工」をする。こうして出来上がったキムリアを患者に投与する。

 この加工で行われるのは、キメラ抗原受容体(CAR)と呼ばれる遺伝子を導入すること。CARはがん細胞を探索するレーダーのような機能を有しており、キムリアは人工的に遺伝子操作を行った治療薬ということになる。

 キムリアの臨床試験では、急性リンパ性白血病の患者68人中63人に効果が認められ、83%にあたる52人の患者が、キムリア投与後3カ月以内にがん細胞が消失するという極めて高い効果を示した。ただ、患者一人ひとりの免疫細胞に遺伝子を導入する作業が必要で、大量生産ができない完全なオーダーメイドのため、非常に高額な治療薬となっている。

「オプジーボ」


 5月15日の中央社会保険医療協議会で「キムリア」は保険適用薬となった。国内薬価は3349万3407円。健康保険では1~3割が自己負担だが、3割自己負担の場合だと自己負担額は約1000万円となる。しかし、健康保険には「高額療養費制度」があり、自己負担の上限額を超えた場合には、その費用は税や保険料により健康保険が負担する。たとえば年収が500万円の場合の自己負担額は40万円程度、もっとも高い自己負担額でも約60万円で済む。

画期的新薬・キムリア、1回3千万円超に保険適用決定…健康保険制度の危機と命の問題のページです。ビジネスジャーナルは、連載、オプジーボキムリア白血病の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事