NEW

GACKT、新・視聴率の帝王に…ギャラは業界内最高クラス&悪い噂でも各局が起用の理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GACKT

 謎めいたプライベートが人々の興味をひくミュージシャンで俳優のGACKTが、5月2日放送の「直撃!シンソウ坂上 ~~5月2日よる2時間SP~【GACKT私生活&ビジネス密着】~」フジテレビ系)に出演。6年前にGACKTが移り住んだマレーシア・クアラルンプールの自宅豪邸をMCの坂上忍が訪問し、そこでの生活ぶりや気になる懐事情などを公開。平均視聴率13.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、同番組の最高記録を更新した。

「根強いファンがいる一方、アンチも多いGACKTですが、『シンソウ坂上』ではマレーシアの自宅や誰もが気になっている収入源を告白。GACKTの信者もアンチも取り込んだかたちになったのでしょう『シンソウ坂上』はこれまで視聴率が1ケタ台と苦戦が伝えられていただけに、今回の13%超えにはスタッフから安堵の声が上がっています」(テレビ局関係者)

 今年ソロデビュー20周年を迎え、出演した映画『翔んで埼玉』がヒットするなど、仕事面では絶好調のGACKT。一方で、暴落して多数の損失者を出した仮想通貨「スピンドル」の広告塔を務めていたと報道されるなど、マイナスのイメージを抱く人も少なからずいるようだ。

「これまでも脱税疑惑で自宅に国税局の調査が入ったり、広告塔を務める仮想通貨『スピンドル』暴落にまつわる騒動に巻き込まれるなど、悪い情報も絶えません。さらに常連になっているお正月番組『芸能人格付けチェック!』(テレビ朝日系)では連勝を続けていることが不自然だと疑問を抱かれたり、4月にフジで放送された格闘技イベント『RIZIN.15』でゲスト解説を務めたものの、不評が相次ぐなど、テレビ的にもダメダメな感じがするんですが……。それでも各局がこぞってGACKTを起用しているのは、それだけGACKTに対する視聴者の関心が高いということでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 どんなことがあろうがキャラがブレることはないGACKTだが、別のテレビ局関係者は言う。

「GACKTのギャラは最高クラスで、バラエティー番組1本で数百万円ともいわれています。最近のテレビ局の金銭事情としては、そこまで出せる番組はなかなかないため、なんとなく出てほしいと思ってもまず無理。しかもGACKTの場合は何かのプロモーションを絡めてくることが多いので、最初から敬遠する業界人も多いんですよ。とはいえ、『シンソウ坂上』で最高視聴率ともなれば、今後は高い金を積んでも“出てほしい”と考える局は増えるかもしれません。今後、ますますGACKTをテレビで見る機会が多くなるかもしれませんよ」(別のテレビ局関係者)

 新・視聴率の帝王が生まれたといえるのかもしれない。
(文=編集部)

GACKT、新・視聴率の帝王に…ギャラは業界内最高クラス&悪い噂でも各局が起用の理由のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、GACKTスピンドル坂上忍の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事