NEW

【Gmail】メールの振り分けを一番簡単に行う方法

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 Gmailには強力なフィルター機能があるため、さまざまな条件でメールの振り分けを設定できる。しかし、最も簡単かつ確実に行うには、Webサービスなどへの登録時にメールアドレスの末尾に「+◯◯」(◯◯は半角英数字)という文字列を付けるとよい。

アカウントに「+」で文字を追加するだけ


(Image:rafapress / Shutterstock.com)

 インターネットでさまざまなサービスを利用していると、登録したメールアドレスに届くメールがどんどん多くなっていく。目的に応じてメールアドレスを使い分ければいいのだが、別のアカウントを新規登録するのは面倒だ。そんな悩みを簡単に解決してくれる方法がGmailには備わっている。

 手順は簡単で、サービスへの登録時に自分のGmailアカウントの「@」の前のアカウント名に半角で「+」と文字列(半角英数字)を追加して、「□□□+◯◯@gmail.com」の形にするだけだ。事前登録などの手続きは不要なので、使いたいその場ですぐに作成できる。「◯◯」の部分は好きな文字列(半角英数字)を設定できるので、目的別に使い分けるといいだろう。

 こうすれば、登録したサービスからのメールは「□□□+◯◯@gmail.com」宛に送られてくるが、元のメールアドレスの受信トレイに届く。検索時には「to:(□□□+◯◯@gmail.com)」とすれば、そのアドレス宛のメールを簡単に探し出すことができる。また、必要に応じてフィルターを設定すれば、自動的にタグやスターを付けたり、別のアドレス宛に転送したりも可能だ。

続きは【オトナライフ】で読む

【Gmail】メールの振り分けを一番簡単に行う方法のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • IT
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事