NEW

『インハンド』もはや哲学…人格形成と遺伝子めぐる考察にネット上で大反響

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『インハンド』公式サイトより

 山下智久が主演を務める連続テレビドラマ『インハンド』(TBS系)の第8話が5月31日に放送され、平均視聴率は前回より1.4ポイントダウンの7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。第4話の7.7%を下回る自己ワーストを更新してしまったものの、深すぎるテーマにインターネット上では「心に響いた」「考えさせられた」といった声が集まっていた。

 第8話は、紐倉哲(山下)がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で話題になっている「頭から血が流れているようにイタズラされた“呪いのポスター”」に興味を持ったことから物語が発展する。このポスターは、巨大企業「キガシマホールディングス」のロビーに貼られているが、つい最近、会長・園川務(柄本明)の息子で後継者候補だった園川直継(夙川アトム)が自殺したばかりだという。そこで、紐倉は助手の高家春馬(濱田岳)を連れて現場を訪れると、ポスターについている血の正体が腸内細菌のひとつ「セラチア菌(セラチア・マルセッセンス)」だということに早々と気がついた。

 その後、牧野巴(菜々緒)の協力を得て紐倉たちが直継の部屋を調べていると、経産省のアドバイザーで、紐倉の大学の同期である遠藤匡晃(要潤)らが来て、この事件から手を引くように要請してくる。

 ことあるごとに遠藤の邪魔が入るも、調べを進めていくうちに園川家に“鬼の血伝説”なるものが伝わることを知った紐倉。園川家の祖先は鬼にルーツがあり、その島では時々赤い髪の子が生まれるようになったという。さらに、先代の会長である直継の祖父は赤髪なだけではなく、鬼のような性格として恐れられていたという。

 そして、その赤い髪を受け継いでいたのが直継だった。それを隠すために普段は黒く染めていたようだが、直継は自分に“鬼の血”が流れていることを悩んでいたという。そこで、ビジネスパートナーだった遠藤に自分の家系の遺伝子調査を依頼したのだが、自分が祖父と同じ“暴力性”と関連がある遺伝子を持っていることを知った結果、絶望して自殺してしまったのだ。

 さらには、直継の父・務も“鬼の血”を恐れていた。そのため、小さい時から直継に対して「鬼にだけはならないように」と言い聞かせてきたようだ。しかし、紐倉いわく、それこそが“鬼”に取りつかれた原因だという。

 そして、人間を形づくるものは「生まれながらの育ちなのか、遺伝子なのか、環境なのか」という大きなテーマについて、問いそのものが間違っていると指摘するとともに「遺伝子なのか、環境なのかではなく、『遺伝子と環境だ』」と進言。そのうえで、“環境が人を育てる”ことについて、「遺伝子やデータなんかより“先入観”のほうがよっぽど人間にとって危険だ」と諭した。

 今回は、人格形成における深い話がテーマだっただけに、自分や自分の子どもなどに当てはめて考えた人も多かった様子。ネット上では「紐倉博士の最後の言葉は、とても説得力があって皆を救ってくれる」「遺伝子と環境。どっちも言い訳にもできるし、それに甘えることもできる。結局は自分次第なんだよね」「昨日のインハンドは、ちょっと考えさせられる内容だった。遺伝子と環境、自分の子はどうかなと」「先入観って怖いね。先入観にとらわれずに生きようって改めて思った。インハンドは人生へのメッセージも含まれていて、本当に最高」など、大きな反響を集めていた。

 あと数回で最終回を迎える『インハンド』。毎回、さまざまなテーマで物語が展開されていくが、果たしてどんな結末になるのか楽しみにしたい。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

『インハンド』もはや哲学…人格形成と遺伝子めぐる考察にネット上で大反響のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、インハンド山下智久濱田岳菜々緒の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事