NEW

クルマ、数十年後に評価=価格が上がりそうな“隠れた名車”16選!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“名車”と呼ばれるクルマがある。正確な定義こそないが、ファンの心をつかんで離さないクルマだ。4月に千葉・幕張メッセで開催された「オートモビル カウンシル2019」では歴史的な名車が勢揃いし、中古車情報メディア「カーセンサー」(企画制作:リクルートマーケティングパートナーズ)はトヨタ「スープラ(A80)」を展示した。

 クルマ離れすら叫ばれるなかで、なぜ名車は人々を惹きつけるのか。また、名車の条件とは何か。リクルート自動車総研所長兼カーセンサー編集長の西村泰宏氏に話を聞いた。

スペックだけでは計れない名車の価値

――「カーセンサー」が考える名車とはなんでしょうか。

西村泰宏氏(以下、西村) クルマは住宅と同様にライフサイクルが長く、20~30年ほど使われ続けます。ファーストオーナーが平均7年間乗り、中古車として流通後も、セカンド、サードのオーナーが所有します。

西村泰宏氏
 需要が極端に高くなったり所有するのが難しかったりするクルマは名車と呼ばれるようになるのだと思いますが、そのクルマに対するユーザーの熱量が高いことが条件のひとつになるでしょう。たとえば、トヨタの「プリウス」は人気車のひとつではありますが、熱量の高さという意味では、我々の考える名車とは少し違ってきます。

――「カーセンサー」5月号では名車を特集していましたね。

西村 レーシングドライバーの脇阪寿一さんにインタビューしていますが、「名車は最初から名車ではなくて、みんなが名車として育てていくんだ。誰かがストーリー付けして熱量を上げる行為が挟まるからこそ名車になる」という言葉がすべてを物語っていますね。また、クルマは安全基準などが変わることで生産中止になるケースがありますが、そんな絶版名車は特に価値が高まります。

――これから名車となりそうな車種はありますか。

西村 数十年後に評価が大きく上がっている可能性がある“次期名車”を選定しました。以下の16車です。

スバル「BRZ(現行型)」・トヨタ「86(現行型)」(中古車価格帯120万~730万円、以下同)

スバル「BRZ(現行型)」
トヨタ「86(現行型)」

マツダ「ロードスター(現行型)」(150万~380万円)
マツダ「マツダスピードアテンザ(初代)」(40万~180万円)
スバル「インプレッサWRX STI(GDB型)」(140万~310万円)
トヨタ「マークX GRMN(現行型)」(620万円)
スズキ「スイフトスポーツ(現行型)」(140万~270万円)
スズキ「アルトワークス(現行型)」(90万~280万円)
三菱「ギャランフォルティススポーツバック(初代)」(80万~170万円)
日産「ノートNISMO S(現行型)」(120万~310万円)
三菱「パジェロ ショート(4代目)」(100万~330万円)
トヨタ「FJクルーザー(初代)」(180万~440万円)
日産「フェアレディZロードスター(2代目)」(220万~340万円)

日産「フェアレディZロードスター(2代目)」

スバル「レガシィB4 ブリッツェン(初代)」(40万~80万円)
ホンダ「シビック タイプR(FD2型)」(120万~350万円)
フォルクスワーゲン「ゴルフV R32」(70万~170万円)
BMW「M5(E60型)」(160万~420万円)

 いずれも熱いスピリッツを感じるクルマで、すでに名車と思って乗っている方もいるでしょう。名車か否かはユーザーの熱量がかかわってくるので、単純に燃費や走行性能、排気量だけでは計れないものがあります。そのため、多様な価値観が反映され、クルマに対して感情移入するわけです。いわばアートの世界と一緒ですね。

クルマ、数十年後に評価=価格が上がりそうな“隠れた名車”16選!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事