NEW

宮迫博之・反社勢力に闇営業、テレビ各局は一斉“スルー”…局の事情優先、世論では疑問も

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

「第一報が出た6日の段階では、反社がらみということもあり、ウチの局内では『完全にアウト』『とりあえず宮迫を画面に出すな』『どの局も起用自粛だろう』という声が出ていました。しかし、テレ朝が『アメトーーク!』を予定どおり放送し、吉本から説明があったのに加えて、世間の反応としてもそれほど宮迫への批判は強くないということで、とりあえず“このまま様子見”という状況になっています。

 あとは、今後世論がどういう流れになるか次第でしょう。ここ数年、タレントが不倫スキャンダルを起こすたびに出演番組のスポンサー企業に視聴者からクレームが殺到し、それがきっかけで活動自粛に追いやられるケースが多い。もし今後、宮迫の番組でも同じような事態が起これば、さすがに局としては対応を考えざるを得なくなります。ただ、局内では『不倫はアウトで反社と交際はセールって、おかしくないか』という声も出ており、視聴者からみたアウトとセーフの基準がいまいちわかりませんよね」

 ちなみに入江や宮迫らが「振り込め詐欺グループだとわからなかった」と説明している点について、警察OBはこう疑問を示す。

「ほとんどの振り込め詐欺グループのバックには、暴力団組員や元組員がついており、グループのメンバーには“半グレ”も多く、一目見るだけで普通の人たちではないことは、わかります。『わからなかった』というのは、説明としてはちょっと苦しいです」

 宮迫ら人気芸人の足を引っ張った入江の責任は重い。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合