NEW

松本人志、『ワイドナ』で不良品発言問題に触れず批判続出…「社会問題語るべきじゃない」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダウンタウンの松本人志

“不良品”発言問題について、最後まで触れられることはなかった――。

 2日放送のテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、先月起きた神奈川・川崎の通り魔事件が報じるなかで、松本人志が「人間が生まれてくるなかで、どうしても不良品って何万個に1個、絶対に」「もう、その人たち同士でやりあってほしいですけどね」などと語り物議を醸している件について、7日のフジテレビ定例会見で石原隆取締役(編成担当)は「批判が出ていることは認識している」と言及。「我々としては差別的な意味合いは含まれていないという判断で放送したが、そういった意図はなくても、そう受け取られる可能性があるということを受け止めて、今後の番組づくりに生かしていきたい」と釈明した。

 松本の発言をめぐっては、識者から以下のような厳しいコメントがあがっていた。

「共演者が『それはナチスの優生主義につながる考えですよ』と諭してあげればいいのに…」「この人、いつもこうなんだ」「人を『欠陥品』と呼んでモノ扱いするような共感性の欠如こそが人を簡単に殺す行為の根底にあるんですけど、その自覚がないようです」(映画評論家の町山智浩氏)

「これに至ってはもはや危険思想。生まれながらに不良品である人間などいない」(NPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典氏)

「ワイドナショーって収録番組ですよね。こんな暴言垂れ流すフジテレビは『差別発言を擁護します』と宣言したも同然」(作家の盛田隆二氏)

 さらに一般の人々からも「不良品」という表現について批判的な声が多数みられていただけに、9日放送の『ワイドナショー』内で松本がどのような見解を述べるのかが注目されていたが、番組内で言及されることはなかった。これを受け、インターネット上では以下のような疑問の声があがっている。

「まっちゃんの『不良品発言』に関して、徹底したスルー」

「完全無視ですか」

「全くコメントしないの?とも思っている」

「不良品発言について何も取り上げないのは何かもやもやするな」

「スルーされました、謝罪はしないけど上が身代わりになったし会見でいったみたいだしさ」

「入江さんの件をやるなら、是非、松本人志氏の『不良品』問題発言も取り上げて欲しいですね」

難しい線引き


 テレビ局関係者は次のように語る。

「フジの幹部が会見で釈明するほど世間では議論が沸き起こるニュースになっていたのに、一切触れないというのは、『ワイドナショー』という番組の性質上、明らかに不自然です。『不良品』という発言の是非がどうかは置いておいて、松本も松本なりの考えを持って『不良品』という表現をしたのでしょうから、改めてその意図を説明するなり、間違っていたと考えるなら謝罪なりをすべきでした。

松本人志、『ワイドナ』で不良品発言問題に触れず批判続出…「社会問題語るべきじゃない」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ワイドナショー不良品松本人志の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事