蒼井さんはこれまで、数々の熱愛報道で世間を騒がせることも多く、事務所としてもハラハラさせられてきたこともあり、今回の結婚には反対ではないようです。ただ、蒼井は女優なので、私生活でのイメージが定着するのは避けたいところ。夫が芸人であれば、公の場で報道陣の要求に応じて家庭内のことをしゃべらなければならないケースは多くなる。

 蒼井は今後もいろんな人間を演じていかなければならないわけですが、“山ちゃんの奥さん”というイメージが人々の脳裏に定着してしまうと、これまでと同じように仕事をするのが難しくなってくるかもしれません。それは女優としては重大な懸念材料ともいえ、蒼井にこれまで付きまとってきた“魔性の女”というイメージがあるほうが、好都合なんですよ。そういう意味では、山ちゃんとの結婚が女優業の妨げにならないか、事務所としては少し懸念しているようです」
 
 まだ同居をしてないという2人だが、互い多忙な仕事をやりくりして、ぜひとも幸せな家庭を築いてほしいものだ。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ