NEW

なぜ『白衣の戦士!』は10~20代を虜に?今夜、ついにクライマックス突入?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月5日に放送された連続ドラマ白衣の戦士!』(日本テレビ系)第8話は、平均視聴率8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。

 中条あやみと水川あさみがW主演を務める同作は、1996~2002年に放送された人気ドラマシリーズ『ナースのお仕事』(フジテレビ系)を彷彿とさせる、看護師たちのドタバタコメディ。中条は“元ヤン”の新米看護師・立花はるかを、水川は“婚活中”の先輩看護師・三原夏美を演じ、共演にはジャニーズWEST・小瀧望や、沢村一樹、安田顕などが名を連ねる。

 はるかは同期の斎藤光(小瀧)に告白する前にキスをしてしまい、2人はお互いに意識している関係。一方で夏美は、結婚相談所を退会して看護師長・本城昭之(沢村)との真剣な交際をスタートさせたばかり。第8話では、両カップルがそれぞれの状況を把握し、4人だけの秘密にしようとしていたところ、偶然居合わせた外科医・柳楽圭一郎(安田顕)に恋愛模様がバレてしまう。

 そんな柳楽は、元看護師の恐妻・静香(遼河はるひ)に浮気を疑われて家を追い出され、病院に寝泊まりしていた。同じ頃、腸閉塞で入院していた患者・沙織(足立梨花)に退院の許可が降りる。13年前にも柳楽の手術を受け、彼を“命の恩人”と慕う沙織だったが、退院して間もなく迎えた結婚式当日、腹痛で倒れてしまう……という内容だった。

 今回は第7話の7.7%から0.7ポイント上昇し、3話ぶりに8%台まで回復。現時点での自己ベストは初回の10.3%だが、最終回までに記録を更新できるかは怪しい。インターネット上に書き込まれている感想を見るに、視聴者の興味をまったく引いていないわけではないものの、特に盛り上がっているわけでもないので、このままダラ~ッと終わりに向かうのだろう。

 第8話は柳楽メインとあって安田ファンにはうれしい回だったように思うが、ネット上の反応を見ていると、同ドラマのメイン視聴者は10~20代で、中条や小瀧のファンとみられる。今回、小瀧は急速にはるかを意識し始め、その様子が「カワイイ!」「もどかしいけどニヤニヤしちゃう」「ピュアで甘酸っぱくていいな~」と好評だった。これが『白衣の戦士!』という“看護師モノ”ではなく、はるかと斎藤のラブコメディオンリーのドラマであれば、もっと視聴率は良かったのではないか。

 シングルマザーの看護師・小野貴子(鈴木紗理奈)にスポットを当てた第7話もそうだったが、柳楽メインの第8話も「良い話だった」「感動した」という声はあれど、やはり「ありきたりな話」になっていた。それならば“元ヤンガール”と“鈍感ボーイ”のドタバタコメディのほうが、視聴者層は絞られるが数字につながっただろう。

 とはいえ、私は、中条にコメディをさせることも疑問視している。最近までは“元ヤン”キャラが合っていないのだと思っていたけれど、もしもクールビューティーな“元ヤン”であれば、中条の魅力が発揮されたのではないか。そう思うと合っていないのはコメディのほうで、一番ダメなのは“中条の変顔”である。

なぜ『白衣の戦士!』は10~20代を虜に?今夜、ついにクライマックス突入?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事