NEW

『あなたの番です』が「マジでヤバい」と“中毒ファン”増殖中…ついに視聴率が急上昇開始

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月9日に放送された連続ドラマあなたの番です』(日本テレビ系)第9話が、平均視聴率8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークした。

 同ドラマは、ミステリー好きの夫婦・手塚翔太(田中圭)と菜奈(原田知世)が引っ越し先のマンションで「交換殺人ゲーム」に巻き込まれていくという物語。初回8.3%でスタートして以降、6~7%台を推移していたが、ここに来て第8話の6.7%から1.3ポイントアップ。これまで、インターネット上では視聴者の盛り上がりを確認できていたものの、視聴率には反映されずにいたなかで、今回は初めて1ポイント以上のプラスに。ようやく数字が伴ってきたようだ。

「交換殺人ゲーム」の発端は、住民同士がゲーム感覚で“殺してほしい人”の名前を紙に記入し、クジのように引き合ったこと。その後、マンション管理人の床島比呂志(竹中直人)や、102号室の児嶋佳世(片岡礼子)、201号室の浮田啓輔(田中要次)、502号室の赤池吾朗(徳井優)と美里(峯村リエ)夫妻が亡くなり、それ以外にも101号室の久住譲(袴田吉彦)が意識不明の重体で入院。

 また、久住が“殺してほしい人”として挙げていた俳優・袴田吉彦(袴田が本人役&久住役との一人二役で演じた)、103号室の田宮淳一郎(生瀬勝久)の元部下・甲野貴文(鈴木勝大)、203号室のシンイー(金澤美穂)がアルバイトをしていた店の店長・田中政雄(名倉右喬)、403号室の藤井淳史(片桐仁)の同級生・山際祐太郎(森岡豊)、そして302号室の菜奈の元夫・細川朝男(野間口徹)も死亡。

 菜奈と翔太は、「交換殺人ゲーム」で“名前を書かれた人”と“書いた人”を照らし合わせながら事件の真相を推理するなかで、402号室の榎本早苗(木村多江)に不信感を抱きつつあった。

 第9話で菜奈は、翔太に引っ越しをしようと提案。ゲームを止められないまま多くの被害者が出てしまっていることに加え、401号室の木下あかね(山田真歩)が見つけたという紙に「302号室の人」と書かれていたことで、菜奈と翔太にも被害が及ぶ可能性も考えられたからだ。引っ越しまでの間、犯人を捜していることをアピールして“次の殺人”の抑止力になればと、マンションの住民を訪ね歩く翔太だったが、早苗の夫・正志(阪田マサノブ)を部屋まで送ったとき、ある“違和感”に気づく。

 翌日、翔太は外出しようとしていた早苗の隙をつき、402号室に侵入。室内には隠し部屋があり、そこには202号室の黒島沙和(西野七瀬)が拘束されていた。沙和を助けようとする翔太の背後から、早苗がアイスピックで襲いかかると、翔太は倒れて頭を打ってしまう。意識が遠のくなか、翔太は部屋の隅にうずくまる謎の少年(荒木飛羽)の姿を見る……という内容だった。

 ネット上では以前から、「榎本家には隠し部屋がありそう」「子どもを隠してそう」といった予想が飛び交っており、今回はそれが正解だったことが明らかに。しかし、沙和まで拘束&監禁されているとは誰も思わず、榎本家の“闇”が一層深くなった。そして、翔太がピンチを迎えたことで、ネットユーザーの間では「まさか翔太死なないよね……?」「田中圭目当てで見てるのに、第1章で退場だったらショック」「最初はぶりっこみたいな演技が受け付けなかったけど、それでも目の保養だったのに!」との声が噴出。

『あなたの番です』が「マジでヤバい」と“中毒ファン”増殖中…ついに視聴率が急上昇開始のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事