NEW

“ViVi×自民党”企画に元ハロプロも…今井絵理子ら「政治家になったアイドル」たち

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女性向けファッション誌「ViVi」(講談社)と、自由民主党とのタイアップらしき企画が話題を集めている。6月10日、同誌の公式Twitterアカウントが「みんなはどんな世の中にしたい?」と問いかけ、それに対するアンサーに「#自民党2019」「#メッセージTシャツプレゼント」という2つのハッシュタグをつけてツイートすると、メッセージ入りオリジナルTシャツが抽選で当たる──という大胆過ぎるプレゼント企画を告知したのである。

 ファッション誌が特定の政党とコラボをするというのは極めて異例。これに対しSNSなどでは批判的な見解が一気に拡散。大手メディアまでも報道するに至り、例えば毎日新聞は、「ViVi、自民党とのネット広告で批判殺到 『機関誌になったのか』『Tシャツより年金を』」という見出しで記事化した。

 この企画のメインビジュアルは、7名の女性モデルが横一列に並んだ写真で、公式サイトにはほかに、彼女たちそれぞれの「どんな世の中にしたいか」が掲載されている。

 しかしこの7名、藤田ニコル(21)、八木アリサ(23)といった「ViVi model」と呼ばれる同誌の顔的な専属モデルではない。彼女たちは「ViVi girl」なる、“ViVi公認インフルエンサー”という位置づけのプロ・アマのモデルたちなのだ。同誌の公式サイトには49名の「ViVi girl」が掲載されており、そのメンバーは普段、Instagramなどで特定の商品の情報などを発信している。

読モらを従え、センターに立つ元Berryz工房メンバー

 当該企画に登場した7名は、芸能プロに属するモデルなどもいるが、ほとんどが事務所に属していないアマ(読モ、インスタグラマー)ばかり。だが、そこに1名のみ、輝かしいキャリアを誇る人物が紛れているのである。

 その人物とは、かつてハロー!プロジェクトに属し、Berryz工房、Buono! という2つのグループで活動していた夏焼雅(26)。彼女は現在、PINK CRES.という新しい3人組ユニットに所属し、この5月にファーストシングルをリリースしたばかり。NHK『紅白歌合戦』(2007年)への出場歴もあり、さいたまスーパーアリーナや日本武道館でコンサートを行った実績もある。2002年に9歳でアイドル活動を始め、すでにキャリア17年目の大ベテランなのだ。7名のなかで彼女がセンターに立っているが、実績的にはそれが当然だろう。

 ただし、自民党であろうと共産党であろうと、政党とのコラボ企画に登場というのは、SNSでコスメやファッションアイテムを紹介するのとはわけが違う。特定の政治団体のカラーがつくというのは今後の芸能活動に支障をきたす可能性も考えられ、夏焼のキャリアを考えれば、敬遠してもよさそうなものだが……。

 いささか不可解ではあるが、芸能界の慣例から考えても、彼女が起用された事情が今後、明らかになることはないだろう。

 ちなみに、「ViVigirl」には、NMB48とAKB48の現役メンバーである渋谷凪咲(22)も名を連ねているが、この企画には参加していない。

“ViVi×自民党”企画に元ハロプロも…今井絵理子ら「政治家になったアイドル」たちのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事