NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

吹田・警官襲撃の飯森容疑者、無差別殺人計画の可能性…精神障害の治療を勝手に中断か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
警官が刺され、拳銃が奪われた千里山交番(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 大阪府吹田市の吹田署千里山交番の前で、警察官が包丁で刺されて拳銃を奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で逮捕された33歳の飯森裕次郎容疑者は「私のやったことではない。私の思うことは、病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせい、ということ」と供述しているようだ。また、精神障害の障害者手帳を所持していたということなので、何らかの精神疾患によって被害妄想を抱いていた可能性が高い。

 しかも、飯森容疑者は、最近小中学校時代の友人たちの連絡先や住所を探っていたらしい。

 飯森容疑者は小学生のときに東京から現場の交番がある吹田市内の小学校に転校し、同市内の中学・高校を卒業後、東京の大学に進学したのだが、今年2月、SNSを通じて元同級生に連絡し、「同窓会を開きたい」との理由で友人の連絡先や住所を尋ねたという。他の友人たちにも同様の問い合わせをしていたようだ。

 事実とすれば、かつての友人たちをターゲットにして、あるいは以前通っていた小中学校の児童生徒たちをターゲットにして、無差別殺人をもくろんでいた可能性も否定できない。その場合、警察官を襲撃して拳銃を強奪したのは、無差別殺人に必要な武器を入手するためだったと考えられる。なぜかといえば、過去の無差別殺人を振り返ると、犯人が被害妄想を抱いていた事例が少なくないからである。

被害妄想を抱いていた無差別殺人犯

 まず、2008年に秋葉原無差別殺傷事件を起こした加藤智大死刑囚には、中1のときの合唱コンクールで「みんなにバカにされた」と感じたことをはじめとして、「みんな俺を敵視してる」「みんな俺を避けてる」「(ツナギを)隠してた」と感じるなど、被害的に受け止める傾向が顕著に認められる。被害妄想と紙一重ともいえるほどである。

 また、2001年に大阪教育大附属池田小事件を起こした宅間守元死刑囚も、「被害者的に物事を考える」傾向が強いとして、「妄想性人格障害」と診断されている。さらに、1999年9月に池袋通り魔殺人事件を起こした造田博死刑囚も被害妄想と恋愛妄想を抱いていたし、池袋事件の3週間後に下関通り魔殺人事件を起こした上部康明元死刑囚も、「人類全体から嫌がらせを受けている」という被害念慮を抱いていた。

吹田・警官襲撃の飯森容疑者、無差別殺人計画の可能性…精神障害の治療を勝手に中断かのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事