NEW

“土下座謝罪”田口淳之介、KAT-TUN時代の無礼と腹黒…そのKYぶりをファンが激白

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年9月に発売された田口淳之介のアルバム『DIMENSIONS』(ユニバーサル ミュージック)

2016年の意味不明な脱退

 その後KAT-TUNは、2010年に赤西、2013年に田中が脱退。さらに2016年には、何を勘違いしたのか田口が突如「脱退」を宣言し、3人に減ってしまったKAT-TUNは「充電期間」へと追い込まれた。

 一方の田口は、活動休止中のKAT-TUNを尻目に2017年、ユニバーサルミュージックからメジャーデビュー。当時、日刊スポーツのロングインタビューに答えるかたちで

「毎日が新鮮だし、正直自分のことでいっぱいいっぱい」
「休止を決めたことは実際ノータッチで、3人が選んだこと」

など、ファンが心を痛めるような発言を連発。「ジコチューすぎる」「後ろめたさがないのか」とKAT-TUNファンから怒りの声が噴出したこともあった。

 こうして振り返ると、どんなシーンでも「人をイラつかせる」「空気が読めない」才能?だけは持ち続けてきた田口淳之介。先述の通り本人曰く「挫折知らず」で進んできただけに、初めて味わったあまりにも大きすぎる“挫折”に心が折れてしまうのか、はたまた持ち前のスーパーポジティブな思考でシレッと芸能の世界に返り咲くのか……。今後の動きが気になるところだ。
(文=編集部)

“土下座謝罪”田口淳之介、KAT-TUN時代の無礼と腹黒…そのKYぶりをファンが激白のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事