NEW

PayPayなどポイント還元が盛り上がっているけど、ポイントと現金どっちがお得?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 PayPayやGoogle Payなどのバーコード決済で10~20%のポイント還元が盛り上がっているが、そもそも、ポイント10%還元と現金10%オフはどっちがお得なのだろうか? 「そんなの、どっちも同じでしょ!」と思ったアナタ、損をしているぞ。実はポイント10%還元より現金10%オフのほうがお得なのだ! ここではその理由を解説しよう。

同じ10%でもポイント還元と現金は同じではない!


 今流行りのバーコード決済を利用すると10~20%ものポイント還元やキャッシュバックが受けられて盛り上がっている。これは、家電量販店などでは昔から行われていたことだが、なかには現金値引きをウリにするお店もある。果たしてポイント10%還元と現金10%オフはどっちがお得なのだろうか? 多くの人が「そんなのどっちも同じでしょ!」と思ってしまうだろうが、実は同じではないのである……。

 この計算をする場合、ポイント還元の場合は必ず2回目も同じ店で購入し、もらったポイントを使うのが前提になるが、実はここに落とし穴がある。それでは、実際にポイント10%還元のA社と現金10%オフのB社で10万円の商品を2回買った場合で考えてみよう。

 まず、ポイント10%オフのA社で1回目に10万円の商品を買うと1万ポイントがもらえる。だが、2回目に10万円の商品を買うときは1万円分をポイントで支払うため、現金で支払うのは9万円となり、ポイントは9万円に対する10%=9,000円しかもらえないのだ。1回目と2回目の総支払い額は19万円でポイントが9,000円分残るので、それを勘定に入れても2回の買い物の総支払額は18万1,000円となる。これに対し、現金10%オフのB社で10万円の商品を購入した場合、1回目も2回目も10%オフなので9万円×2回=18万円しか支払わなくてよい。つまり、このケースでは現金10%オフのB社のほうが1,000円ほど得することになるというわけだ。

続きは【オトナライフ】で読む

PayPayなどポイント還元が盛り上がっているけど、ポイントと現金どっちがお得?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事