NEW

宮迫博之は15分の闇営業で100万円 ノーギャラ主張と矛盾する「300万振り込み」告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

宮迫博之Twitterより

 「フライデー」(講談社)がスクープした、カラテカ入江慎也が所属する吉本興業を通さない「闇営業」で大規模振り込め詐欺グループの宴会に芸人を参加させていた件が、まだくすぶっている。宴会に出席した宮迫博之や田村亮は「ノーギャラだった」と釈明し、振り込め詐欺で搾取した金を受け取ったわけではないことを強調したが、18日発売の「フラッシュ」(光文社)では「確かに300万円を振り込んだ」と詐欺グループの金庫番を名乗る男が詳細に語っている。

 当初、宮迫博之は「フライデー」誌面において、件の宴会の出席者たちが振り込め詐欺集団だったとは「まったく知らないです」と答え、さらに「ギャラは100万だったと聞いているが」の問いには「ないない! そんな金はもらってへんよ」と返していた。Twitterに投稿した謝罪文でも、「ギャラはもらってない」「結婚の二次会パーティだったと記憶している」とあらためて釈明。また、田村亮もTwitterやラジオで謝罪し「お金を受け取ってない」「(詐欺グループだとは)知らなかった」と合わせた。

宮迫博之は15分の闇営業で100万円 ノーギャラ主張と矛盾する「300万振り込み」告発のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事