NEW

SNSなどネット上の笑い表現(笑・w・草・竹)で年齢がバレるって知ってた?

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 ネット上での笑い表現。アナタはどんな風に表記しているだろうか? (笑)? w? 草? 今ではさまざまな表現があるが、どれを使うかによって年齢がバレてしまったり、ちょっとキモい人と思われてしまうかもしれない。ここでは、ネットで変化してきた笑い表現を知ることで、恥ずかしい思いをしないようにしよう。

ネットで変化してきた(笑)表現の変遷を知る


(Image:Shutterstock.com)

 そもそも雑誌では、古くから対談記事などで(笑)が使われてきた。もちろん、ここで筆者や対談相手が笑ったということを表現している。それがネットの掲示板でもそのまま使用されてきた。たとえば、2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)では「藁(わら)」といったバリエーションも使われていたのである。ところが、海外ゲームでローマ字入力しかできないとき(笑)を(warai)と表示するようなり、やがて(w)に短縮されることになったという。

 その後、ニコニコ動画が登場すると、笑いの度合いを(w)の数で表すようになり「wwwwwwww」などと表現されるようになっていった。すると、大爆笑シーンでは皆が「wwwwwwww」と一斉に入力するために画面が「wwwwwwww」で埋め尽くされる。その様が「草原」のように見えることから、転じて「草映える」などと表現されることになったのだ。たとえば、「今の000はマジで笑えるね」という文章が「今の000マジ草生える」というように表現されるわけである。その後、SNSの普及によって単純に「笑=草」と認識されるようになっていった。ちなみに、草の度合いを表す表現として「大草原」→「竹」→「森」→「山」→「アマゾン」などを使うこともあるようだ。

続きは【オトナライフ】で読む

SNSなどネット上の笑い表現(笑・w・草・竹)で年齢がバレるって知ってた?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事