富と名誉を享受し、責任は回避――韓流アイドルたちの暴走【後編】

元KARAハラの自殺未遂は対岸の火事か…宮迫博之“闇営業”問題に見る日本芸能界の闇

2018年9月18日、交際相手への暴行容疑でソウル江南警察署に出頭する元KARAのメンバー、ク・ハラ。(写真:アフロ)

 韓国芸能界のスキャンダルの話題に触れる際、欠かせない視点がひとつある。それは、韓国社会において、芸能人たちが「ひとつの権力」になってしまったという点だ。【前編】にも書いたが、韓国の芸能人は、それまで政治家や財閥だけが持っていたような力を持つようになった。昨今、一般人の間でも、「彼らと我々とでは住む世界が違う」という認識が生じている。韓国人は、犯罪や社会からの逸脱には否定的で非常に厳しい目を向ける。しかし、いわゆる権力層が犯した事件には、驚くほど寛大だ。

「韓国社会では昔から、“法の上に立つ人間”に対してはなす術がないという、『絶望に近い放棄』という反応があります。昨今、芸能人も同じように扱われ始めている。特に2010年頃くらいからは、その兆候が顕著です。そのような社会的意識は、“子どもの頭”と強大な権力とを持った芸能人の悪事を助長する、ひとつの温床になってしまっています」(韓国現地紙記者O氏)

ハラの自殺未遂と女性差別

 スンリやチョン・ジュニョンの事件が発覚し韓国芸能界が揺れ動いている真っ最中の5月26日、KARAの元メンバー・ク・ハラの自殺騒動も起きた。恋人への暴行事件に関連したストレスも、その原因の一端だとされている。

 ハラのスキャンダルは当初、ハラがボーイフレンドに執着したため起きたものと考えられていた。テレビの視聴者や国民は、ハラに暴行を受けたとするボーイフレンドに同情の念さえ寄せた。しかしその後、男がセックス動画を流布させると脅迫していたことが明らかになる。スンリやチョン・ジュニョンの事件とは少し違うが、ハラもまた韓国芸能界のなかで、女性としての弱い立場を男に利用されていたのだ。

「世界の多くの国がそうであるように、韓国も男性中心の社会です。女性芸能人がスキャンダルに見舞われると、二度、三度と傷つかざるをえない。世間は表面上、同情するふりをしますが、裏では『女が淫乱だ』『女性が誘ったのではないか』など、根拠のない批判を浴びせるのです」(前出・O氏)

 いったん世に蔓延したネガティブなイメージは、なかなか払拭することができない。ハラが女性として耐えがたい屈辱を耐え、再びメディアに姿を現した際にも、屈折した非難が溢れた。「眼瞼下垂」という一種の病気を治療しようと手術しただけなのに、美容整形だなんだと、根拠のない悪口の的となってしまったのだ。

 その後、ハラは悪質な性的書き込みに悩み、ついに前述の通り自殺未遂を図る。どうにか精神状態を保っていたが、二度目の衝撃に耐えることができなかったのだ。犯罪被害者であるのに、女性であるがゆえに非難されなければならない。韓国社会および韓国芸能界を取り巻くいびつな構造が、そこにもある。極端な選択をしたハラはどうにか生き残ったが、今後も大きな傷を負って生きていかなければならなくなった。

Read more
編集部のイチオシニュース
Pick Up News
Read more

人気記事ランキング

エンタメ

ビジネス

総合

SNS