NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

週休3日制、予備実験で仕事のパフォーマンス向上との結果…チームワークも強固に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 通勤の満員電車。すごいストレスフルですよね。駅員が客を電車の中に押し込んでいる様子なんかを見ると、「どうして日本社会はみんな同じ時間に出勤するのだろう? ずらせばいいのに」などと思ったりもします。

 ちょうど4月に、厚生労働省が旗を振る一億総活躍社会実現に向けた働き方改革関連法が満を持して施行されました。特に労働時間については、体の疲れやストレスとも深く関わるところですし、働き方改革の目玉でもあります。労働時間の改革については、多くの企業がさまざまな取り組みをしていますね。

 日本もかつては月曜日から土曜日まで週6日間働くのが当たり前でした。最近はやっと週休2日制も浸透し、週5日間働くのが平均的になってきました。では、この週5日間というのは、適切な週の労働日数なのでしょうか?

 この疑問について、ニュージーランドのオークランド工科大学のハーらが企業との連携のもと行なった調査がヒントを与えてくれるかもしれません。この調査では、122人の被雇用者と27人の管理職から得られたデータを基に、賃金は変わらないまま週4日勤務になった場合、どのように変わるかを分析しました。

 企業が被雇用者の福利、および精神衛生や安全を気遣っていると感じたそうです。チームワークにおいても、チームとしての期待、自信、問題対応力、楽観性といった観点から見たチームの強さ、そしてチームの結束力などが強化されました。また、ワークライフ・バランスにおいても、24%の向上が感じられました。

 さらには、仕事のパフォーマンスおよび創造力、仕事の満足度、従事度等の向上も得られたと感じていました。もちろん、ストレスも7%低下するなどを含めた福利の面でも改善が見られました。管理職による評価においても、被雇用者のパフォーマンス面での低下は見られず、時間管理や協力、顧客への対応および創造性においても改善が見られました。

 この研究は、予備実験の段階なので、まだまだ突き詰める必要はありますが、ここまでの段階ではとにかく良いことずくめですね! こういう科学に裏打ちされた制度変更をぜひ自信を持ってやってほしいものです。

週休3日制、予備実験で仕事のパフォーマンス向上との結果…チームワークも強固にのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事