NEW

メルカリには勝てない? リサイクルショップの淘汰とリユース業界のこれから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「Getty Images」より

 本、家電、衣服、ブランド品などを買い取り販売するリサイクルショップ(リユースショップ)が、軒並み苦境に立たされている。企業信用調査会社である帝国データバンクの調査によれば、2018年度には30件ものリサイクルショップが倒産。前年度の15件と比べれば2倍の数だ。

 リサイクルショップが苦境に立たされている背景には、「ヤフオク!」のようなオークションサイトの普及や、「メルカリ」や「ラクマ」といったフリマアプリの台頭があるだろう。とくに近年では、利便性に長けたフリマアプリに利用者が流れていることは想像に難くない。また、利用者が減ったことによって、売り上げの源泉である商材の確保が困難になったことも挙げられる。

 また、フリマアプリは取り扱われている商品の量が桁違いで検索の利便性も高いため、肝心の顧客も奪われた形だろう。

 では、実店舗を事業の中心に据えているリユース企業は、打つ手なく潰れていく運命なのだろうか。リユース業界のエキスパートとして活動するA-DOS代表取締役・福本晃氏に、リサイクルショップやリユース業界の課題、そして未来について聞いた。

メルカリには勝てない? リサイクルショップの淘汰とリユース業界のこれからのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事