NEW

「蓮舫氏を尊敬」の元モー娘・市井紗耶香が参院選出馬、「比例代表制の廃止」求める声広がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 夏の参議院議員選挙に立憲民主党から出馬すると報じられた、元モーニング娘。でタレントの市井紗耶香。インターネット上では辛口コメントが飛び交っており、早くも大きな注目を集めているようだ。

 ニュースサイト「スポニチアネックス」の報道によると、市井は比例代表候補として出馬。党関係者の話として、「若いお母さんたちは何か問題があっても実際に声を上げることは少ない。声を上げることは決して恥ずかしいことではない。一歩踏み出す勇気を持ってほしいということを発信していきたい」と出馬の決意を伝えている。

 自身が4児のママであることから、母親と国会の橋渡し役になることを目指しているという。また、なぜ立憲民主党からの出馬なのかについては、党理念である「多様性を認め合い、困った時に寄り添い、お互いさまに支え合う社会の実現」に共感したからだと伝えている。

 市井の参院選出馬について、ネット上では否定的な意見が続出。「知名度があるというだけで、客寄せパンダになるのが目に見えている」「税金の無駄遣いになるからやめてほしい。頼むから落ちて」「期待することは何もない。もう一度スポットライトを浴びたくなったというオチでしょう」「ほかにも須藤元気に元RAG FAIR……立憲民主党はタレント事務所になったの?」といった声が相次いでいる。

 また、市井は立憲民主党の蓮舫参議院議員を憧れの議員として挙げたといい、その理由を「委員会での質問を見ていても、ポイントを的確に押さえた切り込み方が気持ちいい。インスタグラムも毎日チェックしています」と説明したという。

 そのため、「蓮舫をリスペクトしているのが危険な匂いがする」「蓮舫も芸能界出身だしね……」「単に大声で追及したいだけでは」といった指摘も。

 また、主に1990年代に活躍した元アイドルの政界進出とあって、元SPEEDの今井絵理子参議院議員を重ねる人も多いようだ。今井議員といえば、2016年の参院選に自民党公認の比例代表として出馬。当選を果たしたものの、地元である沖縄の基地問題に無知であることを晒して“勉強不足”を露呈、その資質に疑問が続出した。17年には「週刊新潮」(新潮社)に神戸市議会議員(当時)・橋本健氏との不倫疑惑を報じられるなど、国会外で話題になることのほうが圧倒的に多い。

 そのため、市井に対して「万が一受かったとしても今井絵理子の二の舞になりそう」「今井を見ていて、自分でも受かると思ったのかな」「そもそも比例代表制は廃止してほしい。知名度があれば政治の素人でも受かる最悪な制度」といった声も上がっている。

 さらに、元モー娘のメンバーが相次いで不祥事を起こしていることも、ネガティブなイメージに拍車をかけている。たとえば、13年には矢口真里の不倫が発覚して離婚に至り、今年3月には後藤真希も不倫をめぐって夫から裁判を起こされていたことが明らかになったばかり。もっとも大きな衝撃を与えたのは、昨年9月に酒気帯び状態で車を運転してスピード違反した上にひき逃げ事故を起こした吉澤ひとみだろう。事故を機に芸能界を引退した吉澤は、昨年11月に東京地方裁判所で懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を受けている。

「蓮舫氏を尊敬」の元モー娘・市井紗耶香が参院選出馬、「比例代表制の廃止」求める声広がるのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事