NEW

ジャニー社長の重病、嵐の「宣伝」利用に批判殺到…「なぜ松本潤がジャニーズの代表者扱い」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏

 

 先月18日に救急搬送され病状が心配されていた、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏。同社は7月1日、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で現在も入院中と公表し、同日に会見を開いた嵐が所属タレントとして初めてジャニー氏の現状に言及している。

 

 嵐は「ARASHI EXHIBITION“JOURNEY” 嵐を旅する展覧会」の会見場に登場し、センターに立った松本潤が「6月18日に弊社の社長、ジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました」と報告。嵐のメンバー5人は翌19日にジャニー氏を見舞い、「その後もそれぞれ時間がある時に、なるべくジャニーさんの病室に通っているような現状」だと明かした。

 

 松本は続けて、「今はジャニーさんが1日も早く元気に回復してくれることを祈っています」とコメント。「皆様には今は静かに温かく見守っていただければと思っておりますので、なにとぞよろしくお願い致します」と呼びかけ、5人全員で頭を下げた。

 

 ジャニー氏の病状についてようやく正式発表されたものの、インターネット上では「所属タレントが会見するものなの? 幹部や広報が会見すべきでは」「嵐をプッシュしたい事務所側のしたたかさが垣間見える」「こんな発表の仕方では嵐の宣伝と取られてもおかしくないと思う」「なぜ松本潤が代表者みたいになっているんだろう。嵐としての会見なら適任者はリーダーの大野智でしょう」と、疑問の声が続出している。

ジャニー社長の重病、嵐の「宣伝」利用に批判殺到…「なぜ松本潤がジャニーズの代表者扱い」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事