NEW

嵐が不遇の時代を語った『SONGS』 全然売れず「俺ら見込みがないってことかな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

嵐が不遇の時代を語った『SONGS』 全然売れず「俺ら見込みがないってことかな」の画像1

johnnys net公式ホームページより

 2020年いっぱいで活動を休止する嵐が、先月29日放送の『SONGS』(NHK)に出演。不遇の時代を語ったことが、ファンの間で「泣ける」と話題になっている。

 1999年のデビュー、人気に伸び悩んだ時期を経てのブレイク、“国民的アイドル”に駆け上がってからの葛藤……『SONGS』では20年間を振り返りながら、メンバーそれぞれが当時の思いを赤裸々に語った。

 嵐の結成は1999年。9月にハワイ・ホノルルでデビューを発表する記者会見が開かれ、確かに「華々しいデビュー」だった。

 当時はジャニーズJr.の黄金期。滝沢秀明を筆頭にジャニーズJr.全体が凄まじい人気を獲得していた。嵐に選ばれた5人も、そんな黄金期を支えたJr.たち。デビュー当時の嵐は全員が10代後半で、平均年齢は16.6歳、世間的にはまだ子どもと呼ばれる年齢だった。

嵐が不遇の時代を語った『SONGS』 全然売れず「俺ら見込みがないってことかな」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事