NEW

嵐、活動休止撤回説が浮上…ジャニー社長重病、松潤による発表が“布石”か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏

 

 先月18日に救急搬送され病状が心配されていた、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏。同社は7月1日、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で現在も入院中と公表し、同日に会見を開いたが所属タレントとして初めてジャニー氏の現状に言及した。

 嵐はこの日、「ARASHI EXHIBITION“JOURNEY” 嵐を旅する展覧会」の会見場に登場し、リーダーの大野智ではなく松本潤が「6月18日に弊社の社長、ジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました」と報告。嵐のメンバー5人は翌19日にジャニー氏を見舞ったといい、「その後もそれぞれ時間があるときに、なるべくジャニーさんの病室に通っているような現状」だと明かした。

 松本は続けて、「今はジャニーさんが1日も早く元気に回復してくれることを祈っています」とコメント。「皆様には今は静かに温かく見守っていただければと思っておりますので、なにとぞよろしくお願い致します」と呼びかけ、5人全員で頭を下げた。

「事務所の社長の病状を所属タレントに発表させるという形式には、かなり違和感を覚えました。特にジャニーさんはタレントにそのようなことをやらせるのを嫌がる人なので、ジャニーさんの目が光っていた頃であれば、絶対にあり得ない選択肢です。(藤島)ジュリー(景子副社長)さんや事務所幹部が会見をするなり、マスコミ各社にFAXを流すというのが一般的な対応でしょう」(スポーツ紙記者)

 異例なかたちでの発表となった理由について、テレビ局関係者は語る。

「ジャニーさんが倒れた週の週末、23日の日曜日に事務所からなんらかの発表がなされるのではないかとみられていましたが、結局は行われなかったため、事務所はこのまま何も発表せずに“スルー”の姿勢を貫くのではないかという見方も出ていました。しかし、一部では死亡説まで飛び交う事態となり、正式に発表せざるを得ないという判断になったのでしょう。

 もしタレントに発表させるのであれば、ジャニタレ“2トップ”のヒガシ(東山紀之)かマッチ(近藤真彦)が順当ですが、なぜ嵐になったのか。それはやはり、ジュリーさんがマネジメントを担当してきた嵐が“ジャニタレのトップ”だということを、事務所創業者の入院という危機に際し、改めて内外に示すためでしょう。

嵐、活動休止撤回説が浮上…ジャニー社長重病、松潤による発表が“布石”かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事