NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

北千住、「あれ?」とつい足を止めてしまう“変な建物”が散見される謎

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北千住は、日本橋から始まる日光街道の最初の宿場町として江戸時代から栄えた。荒川経由で秩父、入間方面から運ばれた材木などが、北千住経由で江戸(木場)に運ばれたため、水運の拠点でもあった。

 そういう街には必ず遊廓が誕生する。遊廓は幕府が正式に認めた公娼の場所であるが、吉原のほか、日光街道の北千住、東海道の品川、中山道の板橋、甲州街道の新宿に公娼としての遊廓が認められた。それと別に「違法」な岡場所も北千住にはできた。公娼である元吉原(現在の人形町あたり)が浅草(今の吉原)に移転する際に、「風呂屋の取り潰し」というかたちで湯女(という名の売春婦)がいる場所が排除されたのだが、現実には「岡場所」は存在し続け、100近い所に存在していたという(奥富小夏の論文「蘇る江戸東京の岡場所」)。北千住にも宿場に47軒の飯盛り旅籠があったという。

 しかし1896年に今の常磐線が開通し、北千住駅が開設された。99年には東武鉄道の北千住駅もできた。駅は日光街道に近いために、風紀上の問題から遊廓などを移転すべきだという気運が高まった。そのため遊廓は減少していったが、駅から離れた場所に移転することになり、今の千住柳町に1919年に移転し、二業地として指定された。遊廓数は16軒で娼妓数は100名ほどだったが、25年には娼妓は265人に増えた。

 1920年代に今の新しい日光街道が整備され、28年には水天宮(人形町あたり)から上野を経て千住四丁目、千住二丁目などに停車場のある市電ができた。二丁目の停車場から遊廓の大門までへは徒歩10分ほどであったため客が増え、娼妓数も増加し、37年には405人になった。また停車場から大門までの路地には私娼が立っていたという。

大正時代に発展した北千住柳町の遊廓。右下に大門がある。五十嵐典彦「千住柳町調査報告書」(足立区教育委員会『足立史談』1972年)
日光街道から大門までの間には飲み屋がある。昔は遊廓で遊んだ人も立ち寄ったのかもしれない。

 

 大門は遊廓の南東端にあったが、大門のあったところから西に今は「大門商店街」が延びている。とんねるずの「きたなシュラン」にも出た双子鮨もこの商店街にある。

北千住、「あれ?」とつい足を止めてしまう“変な建物”が散見される謎のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事