NEW

滝沢秀明とジャニーズJr.、事務所独立説も浮上…ジュリー体制への不満充満、退所者続出か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニー喜多川氏

 

 先月18日に救急搬送され病状が心配されていた、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏。同社は7月1日、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で現在も入院中と公表し、同日に会見を開いたが所属タレントとして初めてジャニー氏の現状に言及した。

 嵐はこの日、「ARASHI EXHIBITION“JOURNEY” 嵐を旅する展覧会」の会見場に登場し、リーダーの大野智ではなく松本潤が「6月18日に弊社の社長、ジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました」と報告。嵐のメンバー5人は翌19日にジャニー氏を見舞ったといい、「その後もそれぞれ時間があるときに、なるべくジャニーさんの病室に通っているような現状」だと明かした。

 松本は続けて、「今はジャニーさんが1日も早く元気に回復してくれることを祈っています」とコメント。「皆様には今は静かに温かく見守っていただければと思っておりますので、なにとぞよろしくお願い致します」と呼びかけ、5人全員で頭を下げた。

「事務所社長の病状を所属タレントに報告させるというのは、かなり異例です。しかも、ジャニタレ“2トップ”の東山紀之でも近藤真彦でも、ジャニーさんが“後継者”と認め、昨年いっぱいで芸能活動を引退して現在はジャニーズJr.約300人の育成を担う関連会社、ジャニーズアイランド社長の滝沢秀明でもなく、嵐が選ばれたことで、さっそくさまざまな憶測が飛び交っています」(スポーツ紙記者)

 では、なぜ嵐が“大役”に選ばれたのだろうか。

「ジャニーズ事務所はジャニーさんはもとより、メリー(喜多川副社長)さんや(藤島)ジェリー(景子副社長)さんら経営陣も含めて、裏方の人間は表に出ないことを徹底している事務所なので、昨年までタレントだった滝沢さんも今後は表に出ることはないでしょう。事務所を挙げて開催する嵐の一大イベントがタイミング良くあったというのが、本当のところだと聞いています」

 一方、長年ジャニーズを取材してきたベテラン記者は、こうした見方を一蹴する。

 

「事務所は表向きそのように言っているのかもしれませんが、これはジャニーさんに“もしも”のことがあった後の、事務所分裂危機の予兆といえるでしょう。ジャニーさんは自宅をJr.たちに自由に使わせて、メンバーの話を親身になって聞き、個々人の才能や能力を信じて育ててきた。彼の存在があるからこそ、多くのタレントたちがここまで事務所を信頼してやってきたのです。それはマッチやヒガシ、タッキーも同じです。

 一方、2020年いっぱいでの活動休止が決まっている嵐は、ヒガシやタッキーと“冷戦”状態のジュリーさんの申し子です。ジャニーさんの病状について嵐に事務所を代表して報告させることで、ジュリーさんは経営トップとしての威厳を示そうとしたのでしょう」

滝沢“独立説”

 また、別の記者も語る。

滝沢秀明とジャニーズJr.、事務所独立説も浮上…ジュリー体制への不満充満、退所者続出かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事