NEW

就活売り手市場でも「月給25万に満たない求人が圧倒的に多い」人材紹介のプロが明かす若者就活事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

就活売り手市場でも「月給25万に満たない求人が圧倒的に多い」人材紹介のプロが明かす若者就活事情の画像1

「Getty Images」より

 内閣府は今月、16歳~29歳を対象に実施した「平成30年版 子供・若者白書」を発表。回答者の属性は、最多が「正規雇用(常勤)」(32.9%)で、「学生(高校生、専門学校生、大学生、大学院生、予備校生等)」(31.1%)、「非正規雇用(パート、アルバイト、労働者派遣事務所の派遣社員、契約社員、嘱託等)」(18.0%)と続く。「働いていない(求職中・家事手伝い含む)」(10.5%)属性は10人に1人だった。

 この中で「働いていない」と回答した若者の現在働いていない理由では、「希望する業種・職種での採用がなかったから(26.0%)という回答が最も多く、6年前の14.7%より10ポイント以上も増加していた。

 現在は深刻な人手不足で、独立行政法人「労働政策研究所・研究機構」の調べによると、2019年1~3月の有効求人倍率は1.63で、6年前の同時期(0.86)の2倍近く上昇している。求人数が圧倒的に増加しているにもかかわらず、「希望する業種・職種での採用がなかったから」との回答が増えているのはなぜか。

就活売り手市場でも「月給25万に満たない求人が圧倒的に多い」人材紹介のプロが明かす若者就活事情のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事