NEW

上野樹里が“希代のワガママ女優”の悪評を払拭したのは結婚後、アノ人のおかげだった!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

上野樹里が希代のワガママ女優の悪評を払拭したのは結婚後、アノ人のおかげだった!!の画像1

『wezzy記事で使用してる画像キャプションいれる』

 上野樹里が主演する月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)が、8日に放送スタートする。上野樹里の月9主演は、代表作『のだめカンタービレ』(2006年)以来、じつに13年ぶりとなる。

 上野といえば、代表作『のだめ』で、“憑依型女優”として大ブレイク。以降は、『ラストフレンズ』(フジテレビ系/2007年)で難しい役どころに挑戦するなど、若手実力派女優として高く評価されてきた。昨年も『グッド・ドクター』(フジテレビ系)で小児科医を演じていたことも記憶に新しい。年齢を重ねてさらに役幅を広げつつある。

 しかし、メディアによる上野樹里の“ネガキャン”が盛んに行われていた時期もあった。2011年、上野はNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の主演に抜擢されたが、その撮影現場で宮沢りえや鈴木保奈美にいきなりタメ口で話しかけて場を凍りつかせたり、台本読みを中断させて休憩に入ったまま戻らなかったり、地震報道のテロップが顔にかからないようスタッフに無茶な要求をしたり……などと、上野のワガママっぷりを伝える記事が週刊誌やネットで後を絶たなかった。

上野樹里が“希代のワガママ女優”の悪評を払拭したのは結婚後、アノ人のおかげだった!!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事