NEW

シックスパッドのMTG、市場で経営不安広まる…美顔器「ReFa」依存経営が行き詰まり

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 

 美顔器「ReFa(リファ)」や腹筋などのトレーニング機器である「SIXPAD(シックスパッド)」を手がける、健康美容機器企業MTGの経営先行きに不透明が高まっているとの見方があるようだ。

 その背景には、中国の規制強化を受けた美顔器需要の落ち込みと、上海の子会社が不適切な会計処理を行っていたことがある。それに加え、MTGのグローバルブランド事業本部でも不適切な会計処理がなされた疑義が浮上してきた。一連の問題が業績と今後の経営にどう影響するか、現時点では判断が難しいだろう。

 もともと、MTGはブランディングで成長してきた企業だ。同社は超人気サッカープレイヤーのクリスティアーノ・ロナウド選手などを広告塔に起用し、成長を追求してきた。経営者の発言などを見る限り、MTGの成長志向はかなり強い。それは重要なことだが、同時に同社の経営管理体制は不十分だ。

 MTGがこのまま成長を追求することに、市場参加者は懸念を募らせている。同社は冷静に問題の原因を突き止め、その教訓を生かしたガバナンス体制を整備しなければならない。過度な成長志向をいさめ、持続可能な経営を目指すことができるか、MTGは正念場を迎えた。

中国EC法施行による美顔器事業の失速

 MTGの売り上げ構成をブランド別にみると、美顔器リファが55%程度を占める。加えて、MTGは海外での売上高を急速に増加させてきた。それを支えたのが、中国の需要だ。

 2019年9月期の業績修正に関する説明資料によると、美顔器リファの売り上げの40%が中国向けだ。中国では経済成長率に伴って所得が増加してきた。人々がより多くのお金を手にし、より良いもの、より良い生活、美容、健康を手に入れようとするのは当然だ。MTGは超有名人を広告塔に起用して自社製品の性能などをアピールすることで、中国の需要を取り込むことには成功した。

 ただ、中国政府の規制強化により、MTGが中国事業で収益を稼ぎ、高い成長を続けていくことは難しくなっている。1月、中国政府は電子商取引(EC)法を施行した。この法律は、中国人ブローカーが転売を目的に商品を購入する“代理購買”の取り締まりを目指している。

シックスパッドのMTG、市場で経営不安広まる…美顔器「ReFa」依存経営が行き詰まりのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事