NEW

スタバ「コールドブリューソーダ」が物議醸す…「味が変化球すぎて」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタバ「コールドブリューソーダ」が物議醸す…「味が変化球すぎて」の画像1
「スターバックス コーヒー ジャパン 公式サイト」より

 数々のビバレッジメニューを展開するスターバックスコーヒー。季節の節目には新作がたびたび登場するが、今年の夏は“爽快なコーヒー体験”が楽しめるようだ。スターバックスは7月3日から、「コールドブリュー ソーダ」(Short 430円/税抜)の販売を開始。爽快な飲み心地が、早くも話題を呼んでいる。

 同商品はコールドブリューコーヒーに、グリーンコーヒー(コーヒーの生豆)由来のカフェインとライムフレーバーを合わせ、炭酸水を注いだもの。コールドブリューコーヒーとは、熱を加えずにじっくり水で抽出したコーヒーのことで、豊かな味わいとなめらかな口あたりが特徴だ。

 スターバックスでは「コールドブリュー コーヒー」(Short 330円/税抜)も販売しているが、今回はその新フレーバーにあたる。夏にぴったりの甘すぎない爽やかな1杯に仕上げた。

 発売前は「コーヒーと炭酸? 一体どんな味がするんだろう」「味がまったく想像できない」などの声が上がっていたが、実際に購入した人からは「清涼感があってすごく美味しい!」「味が変化球すぎてビックリした。ヘビロテの予感」「コーヒーより清涼飲料水に近いかも。暑い日には最高だね」など、絶賛の声が続出。なかには「クリームをカスタマイズしてみたんだけど、コーヒーフロートみたいでなかなかイケる!」という声もある。

 今年の夏は、コーヒー×ライム×炭酸の衝撃にチャレンジしてみてはどうだろうか。

(文=編集部)

スタバ「コールドブリューソーダ」が物議醸す…「味が変化球すぎて」のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事