NEW

深キョン『ルパンの娘』お色気に要注目!脚本家と俳優、局プロデューサーの微妙なバランス

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ系『ルパンの娘』番組公式サイトより

 どうも、“X”という小さな芸能プロダクションでタレントのマネージャーをしている芸能吉之助と申します。

 さて、7月クールの連続ドラマもそろそろ情報が出揃い、放送を待つばかりとなりました。各局のドラマ情報を見ていると、今クールはやたらと“マンガ原作モノ”と“韓国リメイクモノ”が多い気がします。

“マンガ原作モノ”が多いのは今回に始まった話ではないのですが、今クールは……

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系、出演/石原さとみ・福士蒼汰、原作/佐々木倫子)
『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系、出演/間宮祥太朗・渡辺大知、原作/森田まさのり)
『凪のお暇』(TBS系、出演/黒木華・高橋一生・中村倫也、原作/コナリミサト)
『偽装不倫』(日本テレビ系、出演/杏・仲間由紀恵、原作/東村アキコ)
『監察医 朝顔』(フジテレビ系、出演/上野樹里、時任三郎、原作/香川まさひと・木村直巳)
『サ道』(テレビ東京ほか、出演/原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗、原作/タナカカツキ)
『アフロ田中』(WOWOWプライム、出演/賀来賢人、原作/のりつけ雅春)
『ベビーシッター・ギン!』(NHK BSプレミアム、出演/大野拓朗、ゆりやんレトリィバァ、原作/大和和紀)
『長閑の庭』(NHK BSプレミアム、出演/橋本愛、原作/アキヤマ香)
『コーヒー&バニラ』(MBS、出演/福原遥、桜田通、黒羽麻璃央、原作/朱神宝)

……と、数えきれないくらいです。

『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系、出演/唐沢寿明、真木よう子)
『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』(テレビ朝日系、出演/大森南朋)
『TWO WEEKS』(フジテレビ系、出演/三浦春馬)
は“韓国ドラマリメイクモノ”。

 そして、『ノーサイド・ゲーム』(TBS系、出演/大泉洋、原作/池井戸潤)などの小説原作モノも多く、オリジナル脚本のドラマはとても少ない印象ですね。

 その中でも僕が面白そうだと思ったのは、小説原作モノにして深田恭子ちゃん主演の『ルパンの娘』(フジテレビ系、出演/深田恭子、瀬戸康史、原作/横関大)! 演出が、『のだめカンタービレ』や映画『翔んで埼玉』を手がけたフジテレビのプロデューサーでもある武内英樹さんで、主演がフカキョン。ラブコメで、ちょっとセクシーな女泥棒……って、いろんな意味で絶対見たくなるじゃないですか! この間公開されていたポスタービジュアルでフカキョンが着ていた泥棒スーツ姿もセクシーで。まあ、ルパンというよりは『キャッツ♥アイ』みたいでしたけどね(笑)。

“自転車操業”で製作している連ドラ

 ところで、みなさん、ドラマのスタッフクレジットを見ていて「あれ、回によって演出家が違うな……」と思ったことはありませんか?

 ご存じの方も多いとは思いますが、連続ドラマの監督(演出)って、2〜3人で手がけていることが多いんです。さっき話題に出た『ルパンの娘』も、フジテレビの武内英樹さんの他にお二人の名前が、「演出」としてクレジットされています。

 これはなぜかというと、連続ドラマの場合、ひとりで演出作業を全部やっていると、時間が足りなくなってしまうから。というのもテレビドラマって、だいたい週休1日のペースでガンガン撮影していくことが多いのですが、連ドラの場合は放送スタートの4〜5週くらい前からクランクインしていて、放送開始の時点で最初の2話くらいを撮り終わっている……ということが多いんです。

 で、そこから後は自転車操業で、1話につき撮影に約1週間、編集や音入れに約5日間と、トータル12〜13日くらいかけて頑張って作ってる。だから、ひとりの監督が撮影から音入れまで毎回のんきにやっていると、とても回っていかないわけです。だから、監督はたいてい何人かいて、最初の1〜2話くらいはAさんが現場で監督もやるけど、それ以降はそのAさんが撮影後の編集作業をしている間はBさんが現場で監督をやって……というふうに、交互に回しながら、あるいは数週目以降はもう現場監督についてはAさんは担当せずに……なんてやりくりしながら、なんとか“毎週放送”という短いスパンでの連ドラ放送が可能になっているわけです。

ドラマの現場監督と役者との相性が合わないことも

 役者と監督は、うまくいく・いかないの相性もけっこう重要なので、出演ドラマの演出家が複数人いることによって、「A監督だから出たいと思ったのに、B監督とはちょっとやりにくいな」「C監督には話が通じないな」なんて不満が役者から出てくることもありますよ。となると、そこはそのドラマのプロデューサーが調整することが多いですね。

 まあ、一応どのドラマの場合も“チーフ監督”という人がいて、その人がドラマの方向性や衣装、役者が考えてくる役のディテールの方向性や決めていて、セカンド・サード監督に伝えている。でも、カット割りや撮影中の細かいニュアンスはそれぞれの現場でのことなので、それは監督によって異なってくることも多いです。あとたまに、4番手くらいの役者がメインになる回とかあるじゃないですか? そういうときは、「その役者と相性のいいこの監督に担当させよう」なんてプロデューサーが配慮することもあります。
 
 また、通常の連ドラとは異なるパターンで、ひとりの監督が全編を通して演出する連ドラもたまにあります。例えば『モテキ』(テレビ東京系・出演/森山未來、2010年)、『まほろ駅前番外地』(テレビ東京系・出演/瑛太・松田龍平、2013年)などの深夜ドラマを演出した大根仁さんなんかは、早い時期にクランクインしてまとめ撮りする場合が多い。そうやって全部撮影し終えたあとに、1〜2カ月かけて編集するんです。そうすると、ひとりの監督が全部を担当できるので、作品全体の統一感は出るし、役者もやりやすい。でもそういうケースでは、オンエア後の視聴率や視聴者のリアクションを見てドラマの展開に手を入れる、なんてことはできないですよね。だからまあ、それぞれのやり方でメリットとデメリットがあるということです。

深キョン『ルパンの娘』お色気に要注目!脚本家と俳優、局プロデューサーの微妙なバランスのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事