NEW

小川彩佳アナ『news23』視聴率3%台…そもそも『zero』と比べ“わかりにくい”

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小川彩佳アナ『news23』視聴率3%台…そもそも『zero』と比べわかりにくいの画像1
小川彩佳オフィシャルブログ Powered by Ameba」より

 今年4月にテレビ朝日を退社し、フリーに転身した小川彩佳アナウンサー。6月から報道番組『news23』(TBS系)のメインキャスターに就任したものの、視聴率をめぐって彼女への風当たりが強くなっている。

 小川アナが『news23』の顔になったのは6月3日のこと。2018年に『報道ステーション』(テレビ朝日系)を卒業し、4月にテレ朝を退社したばかりとあって、他局の有名番組のメインキャスター就任には驚きの声が多く上がった。ところが、注目を集めた初回の平均視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわない結果に。「デイリー新潮」の記事によれば、放送日によっては3%台まで落ち込むこともあるという。

 また、「デイリー新潮」では6月27日放送の『news23』と同時間帯の報道番組の平均視聴率を比較。『news23』が4.0%、『news zero』(日本テレビ系)が8.5%、『報道ステーション』が11.5%だったと伝えている。さらに、日本テレビ局員の話として、「小川の起用に構えていましたが、TBS側が自滅してくれました。うちの視聴率は8~10%で、意識するのは『報道ステーション』。『23』は敵ではない」との声を掲載。TBS局員の話として「(小川アナのギャラは)1本30万円程度」「(小川アナの起用をめぐって)スタッフのぶつかり合いが起きています」と内情を伝えている。

 インターネット上でも小川アナや『news23』に対する不満の声が上がっている。「そもそも小川アナは過大評価されすぎだと思う。そんな彼女を使えば視聴率が取れると思ったTBSの考えが甘すぎる」「もう少し自局の女子アナをうまく活用して活躍の場を与えるべき」「もう降板危機? でも低視聴率が全部小川アナの責任というわけじゃないと思う」「もともとTBSは報道が売りだったのに今は構成や視点がわかりづらい。キャスターより単純に『zero』のほうがわかりやすいから『zero』を見てる」

 小川アナをめぐっては、TBSの佐々木卓社長が7月3日の定例会見で、「まだまだ始まったばかりです。じっと見守っているところです」と言及する場面も。記者からの「数字はこれから?」という質問に「はい」と答えたことが伝えられている。

『news23』に限らず、フリーに転身したアナウンサーを起用する報道番組はほかにも見られる。たとえば、10年12月にフジテレビを退社した高島彩は17年4月から『サタデーステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターに就任。18年4月には放送時間が16分拡大され、今年5月18日に平均視聴率10.2%をマークしている。結果を見る限り、高島の起用は“成功”と言えるのではないだろうか。

 また、『news zero』も元NHKの有働由美子アナのメインキャスター就任が大きな注目を集めた。しかし、18年10月の初回のあいさつから有働は“噛み倒し”てしまい、さらに意味不明な発言も相次いだことから酷評を浴びることに。一時は平均視聴率が5%前後を推移するなど低迷していたが、徐々に回復の道をたどっているようだ。

 7月21日に投開票を迎える参議院議員選挙では、TBSは選挙特番『Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル』を約6時間にわたり生放送する。小川アナは、『Nスタ』の井上貴博アナ、ホラン千秋とともに冒頭の1部でキャスターを務めることが発表されている。

小川彩佳アナ『news23』視聴率3%台…そもそも『zero』と比べ“わかりにくい”のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事