NEW

ジャニーズ、SMAP再結成への警戒…木村拓哉「最速」でジャニー社長追悼コメントの裏事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近藤真彦(左)と木村拓哉(右)

 

 7月9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため都内の病院で亡くなったジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏。享年87歳。先月18日に救急搬送されて以来、さまざまな憶測が流れていたが、その約3週間後の訃報となった。

 ジャニー氏といえば、これまでフォーリーブスや郷ひろみ、たのきんトリオ、光GENJI、そしてSMAPや嵐など数多くの歴史に残る人気男性アイドル、グループを育て上げてきた。

「もちろんジャニーさんが突然亡くなったのは想定外でしたが、事務所内は混乱しているという様子ではないようです。ジャニーさんが人材発掘、育成、舞台などのプロデュースを一手に引き受けてきた一方で、事務所の経営面を牽引してきたジャニーさんの姉、メリー喜多川副社長の娘である藤島ジュリー景子副社長が次期社長に就任するでしょう。ただ、所属タレントたちのなかでは、東山紀之さんや、昨年現役を引退して現在はジャニーズJr.約300人の育成を担う関連会社、ジャニーズアイランドの社長である滝沢秀明氏など上層部以外は、生放送中に番組内で号泣したTOKIOの国分太一さんのように動揺を隠しきれないメンバーも多いようです」(スポーツ紙記者)

対照的な中居と木村

 ジャニー氏の入院については、今月1日、嵐の松本潤が事務所を代表するかたちで初めて発表したが、そこには、ジュリー氏がマネジメントを手掛けてきた嵐が“事務所の顔”であることを強調する意図が見えるとも取り沙汰された。そしてジュリー派と、東山らもサポートする滝沢派の対立などを読み取る報道も相次いでいたが、週刊誌記者は語る。

「ジャニーさん死去へのジャニタレたちの追悼コメントの発表順からも、さまざまな事務所の内部事情が読み取れます。10日午前に情報番組への生出演があった東山と国分を除き、所属タレントたちが事務所を通じて一斉にコメントを出したのは10日の夕方でした。

 そんななか唯一、ジャニーさんが亡くなった当日の夜にコメントを出したのが木村拓哉で、中国版短文投稿サイト『微博(ウェイボー)』でコメントをつぶやきました。木村が所属していたSMAPの元マネジャーだった飯島三智氏の手腕をジャニーさんは高く評価していたものの、SMAPの独立騒動を機にメリー副社長は事実上、飯島さんを追い出しました。その際、木村はこれまでも妻の工藤静香も通じて家族ぐるみで親交を保っていたメリー副社長側についた。つまり、今では木村は完全なメリー&ジュリー派なのです。その木村に事務所が所属タレントのなかで一番最初に追悼コメントを出させたという事実に、なんらかの意図を感じざるを得ません。

ジャニーズ、SMAP再結成への警戒…木村拓哉「最速」でジャニー社長追悼コメントの裏事情のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事