NEW

クールビズ、実は効果も科学的根拠もなし…国民を巻き込む環境省の“利権”

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、地球温暖化を煽るために「科学を無視した情報」が環境省やマスコミによって流されている、と武田氏は憤る。

「いまだに『地球温暖化で南極の氷が溶け、海面水位が上昇して太平洋の島が海に沈む』と騒いでいます。少し考えればわかりますが、温暖化になれば反対に南極の氷は増えます。南極の平均気温は約マイナス40℃。たとえ平均気温が5℃上がっても、マイナス35℃。氷が溶けるわけがない。そして、周辺の海の温度が上がれば海水の蒸発量は増え、上空で冷やされ、雪になって降り積もります。だから、温暖化になれば南極の氷は増える。小学校で習う範囲の知識でも、自分の頭で考えれば嘘だとわかります」(同)

 クールビズに真剣に取り組んだところで、会社の電気代がわずかに節約できるくらいなのかもしれない。

(文=奥田壮/清談社)

●取材協力/武田邦彦(たけだ・くにひこ)
東京都出身。中部大学特任教授。東京大学教養学部基礎科学科卒。工学博士。旭化成ウラン濃縮研究所所長、芝浦工業大学教授、名古屋大学大学院教授などを経て現職。『原発事故とこの国の教育』『偽善エコロジー』など著書多数。

クールビズ、実は効果も科学的根拠もなし…国民を巻き込む環境省の“利権”のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事