NEW

アマゾンプライムデーをで賢くお得に乗り切れ!独自の絞り込み検索で9割引を一覧表示

文・構成=清談社
【この記事のキーワード】, ,
アマゾンプライムデーをで賢くお得に乗り切れ!独自の絞り込み検索で9割引を一覧表示の画像1
便利な検索機能をうまく使おう

セールの日程を把握し、ウォッチリストを充実させる

 アマゾンは、ほかのサイトと比べセールの頻度が多い。ただし、これは闇雲に安くしているのではなく、きちんとタイムセールの日程が決まっているのだ。

 例えば、キッチン用品やKindle向けの書籍などは毎日セールを行っているが、カー用品、アウトドア用品は毎週火曜に行われる。また、食料品は毎週水曜と金曜、家電、パソコンなどは日曜と月曜に行われている。自分が欲しい商品ジャンルのセール日程を把握すれば効率的かつ賢く買い物ができるだろう。

 また、アマゾンでは割引率を自分で検索することも可能だ。その方法は、まず欲しい商品のキーワード(掃除機、扇風機など)を打ち込み、検索する。次に、表示されたURLの末尾に「&pct-off=90-」と入力する。そうすると、90%以上割引になっている商品のみが表示されるのだ。

 同様に、「90」を「50」にすると50%割引以上の商品が検索できる。これで、お得なタイムセール中の商品を早く見つけることができるだろう。ちなみに、「10-30」に変更すると、10〜30%割引以上の商品を検索することも可能だ。

 なかには、自分が狙っている商品がタイムセールになったタイミングを知りたいという人もいるだろう。そのような人は、その商品を「ウォッチする」ことをすすめる。各商品に「ウォッチする」ボタンがあり、そこをクリックするだけで、その商品がタイムセール対象になる直前に通知してくれるのだ。

クレジットカードとギフト券で効率的にポイントをためる

 アマゾンには他のECサイトと同様に「アマゾンポイント」というシステムがあり、1ポイント1円としてアマゾンの買い物に使うことが可能だ。ただし、すべての商品でポイントがたまるわけではなく、ポイント対象の商品に限られるのでご注意を。

「アマゾンポイント」には、アマゾンでの最終注文日から1年間という有効期間がある。しかし、アマゾンで買い物をするごとに1年延長されるため、アマゾンのヘビーユーザーならば実質有効期間はないに等しいので、ポイントをためて損はない。

 ポイントをさらにためるには、アマゾンが発行しているクレジットカードを使用すると、さらに1.5〜2.5%のボーナスポイントがつく。また、「アマゾンギフト券」に現金をチャージすることでもポイントがたまる。金額によって異なるが、9万円以上のチャージ、かつプライム会員だと2.5%のポイントが付与される。

 しかし「アマゾンポイント」は、アマゾン以外の店舗での買い物などでためることができない。また「アマゾンポイント」をほかのポイントに移行したり、コンビニなどで使用したりもできないのが不便なところ。あくまでもアマゾン専用のポイントなので汎用性に欠ける印象なのだ。

 ポイントの不便さはあるものの、アマゾン自体が便利なのは間違いない。賢く買い物をできる技を習得して今後も利用を続けてほしい。

(文・構成=清談社)

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合