NEW
森友事件

安倍政権、国有地払い下げの根拠資料を偽装…国交省が国会で回答拒絶、内閣総辞職すべき

文=青木泰/環境ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,

鮮明画像でわかった事実

安倍政権、国有地払い下げの根拠資料を偽装…国交省が国会で回答拒絶、内閣総辞職すべきの画像4
【写真3】国交省が提出した写真資料。穴の中は暗く、説明書きの事実は判別できない。

 

【写真3】は、国がこれまで示してきたものである。この【写真3】を撮影した時の電子記録データ、いわゆるデジタル写真データを入手し、これを濃淡調整し、穴の中を鮮明に見えるようにしたものが、先に示した鮮明画像(【写真2】)である。この【写真3】の工事用掲示板と説明書きには次のように書かれている。

「深さ:4000(=4メートル)」
「ゴミの層:GL-1000~3800(=1メートルから3.8メートル)」

 ところが、国が提出した【写真3】では穴の中は暗く、ゴミの層の様子はわからなくなっていた。【写真2】のように鮮明画像にしてみると、深部にはゴミは見えない。さらにより詳しく検討したのが【写真4】である。

安倍政権、国有地払い下げの根拠資料を偽装…国交省が国会で回答拒絶、内閣総辞職すべきの画像5
【写真4】川内議員が提出した試掘写真。1m刻みで、赤、橙、白、青の横線を入れ、穴の深さに対応してゴミの様子がわかるようにした。

 

【写真4】は川内議員が提出した写真であり、No.1写真の鮮明画像(【写真2】)に深さの目安となる目盛りを1メータ刻みで赤、橙、白、青の横線を入れた写真。この目盛りを照らし合わせると、ゴミの層は地表から深さ2~3mの間で止まっていることがわかる。ゴミの層は3.8mまでどころか、2.6~2.7mの深さで留まっている。

 このように国が提出した資料【写真3】には、ゴミの層が3.8mまでの深さにあると書かれているものの、鮮明画像(【写真2】【写真4】)をみると、ゴミの層は3mより浅い深さにとどまっている。このA工区No.1の写真資料では、写真が示す事実とは異なる虚偽の事実を工事掲示板、説明書きに記載するという証拠偽装が行われていたことがわかった。そのため、国交省の石山課長は鮮明画像が示す「深部にはゴミがない」という事実を認めなかったのであろう。

 その上、国はこの写真資料のゴミの層1~3.8mの記述をもとに、森友学園の地下深部からゴミが見つかったとして、そのごみ量算定にあたって「3.8メートル」という数値を用い、敷地面積とこの深さ3.8mの積を計算するなどして、約2万トンごみが地下深部にあると計算したのである。6月26日のヒアリングでも、川内議員や小川議員による石山課長への追及が続いた。

川内氏「No.1の写真を解析した結果、3メートルより下は土の層であるということは明らかですが、国交省さんそれをお認めになるか? 先週お願いした回答をいただきたい」

石山氏「3.8メートルの設定自体、地下構造物状況調査や地歴調査などの過去の調査に加え、見積もりを行った。理解を賜りたい。工事写真の電子データは、大阪航空局が見積もり当時用意したものではない」

川内氏「No.1の写真の深部にゴミの層が写っているか、そのことだけを回答してくださいとお伝えしている」

石山氏「写真のみをもって見積もったわけではない」

川内氏「同じことを何回も答えられても困る。この写真(の深部)にゴミが写っているかを聞いている」

小川氏「見積もりをどのようにやったのかを聞いているわけではない。写真を見て、3.8メートルの深さにゴミが写っているかを聞いている」

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合