NEW

紙おむつ“素材”市場、また中韓メーカー台頭で世界的戦乱状態…日本連合が圧倒的シェア1位へ

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紙おむつ素材市場、また中韓メーカー台頭で世界的戦乱状態…日本連合が圧倒的シェア1位への画像1
「Getty Images」より

 紙おむつには、尿などを効率的に吸い取る高吸水性ポリマー(SAP)が使われている。2枚の不織布で吸水性ポリマーを挟み込んだシートとして商品化されている。SAPの国内メーカーは、日本触媒、住友精化、三洋化成工業の3社があり、P&G、ユニ・チャーム、花王、大王製紙、キンバリー・クラークなどに向けて出荷されている。

 紙おむつ用吸水性素材で世界首位の日本触媒と同5位の三洋化成は、2020年10月をめどに経営統合することで合意した。統合によりSAP市場における世界シェアを3割まで引き上げる。

 持ち株会社を設立して両社を完全子会社とする。株式移転比率は、19年12月に締結する最終契約で決める。持ち株会社の株式は東証1部へ新規上場を申請する。上場日は株式移転の効力発生日となる20年10月1日を予定。日本触媒と三洋化成は上場廃止となる。

 統合持ち株会社の社長には日本触媒の五嶋祐治朗社長、代表権を持つ会長には三洋化成の安藤孝夫社長が就く。統合で人員整理はしないとしている。

日本触媒は高杉良の経済小説『炎の経営者』のモデル

 17年3月19日、フジテレビはスペシャルドラマ『炎の経営者』をオンエアした。1986年に高杉良が発表した『炎の経営者』(文春文庫)の初のテレビドラマ化である。

 日本触媒工業(現日本触媒)の第2代社長(実質の創業者)である八谷泰造が、このドラマの主役である。小さな町工場の経営者が“当たって砕けろ”の精神で急成長していく姿を描いている。

 高杉良の小説は、1950年11月に社長の八谷泰造が山陽本線下り夜行急行列車「筑紫」内で、富士製鐵社長の永野重雄に出資を依頼するシーンから始まる。研究者の八谷は1949年4月、2代目社長に就き、社名を日本触媒工業に改め再出発を図った。しかし、戦後の未曾有の不景気の時代である。すぐに資金繰りで行き詰まった。

 かつて八谷の会社に勤め、かつ八谷家に居候していた将棋棋士の升田幸三に知恵を付けられ、同じ広島県出身の富士製鐵社長の永野重雄への出資依頼の直談判を決意する。永野が広畑製鐵所に視察に行くとの情報を得た八谷は、夜行急行「筑紫」に乗り込んだ。一介の町工場の経営者にすぎない八谷だったが、面識のない財界の巨頭、永野を相手に「重化学工業の発展こそが日本経済の推進力になる」と、夜汽車の中で持論を展開。ついに1000万円の出資を承諾させた。

 日本触媒を語るとき、必ず取り上げられる有名なエピソードだ。

リーマンショック後、SAPとアクリル酸の生産設備を完成

“当たって砕けろ”の八谷精神は、その後を継いだ経営者に引き継がれた。08年のリーマンショックの際、各企業が設備投資を抑制したが、日本触媒はSAPやその原料のアクリル酸の生産設備を完成させた。

 紙おむつに欠かせないSAPは、世界で流通する4分の1を日本触媒が生産している。世界のトップシェアである。

 日本触媒の19年3月期の連結決算の売上高は前期比8%増の3496億円、営業利益は同2%減の261億円、純利益は3%増の250億円だった。

 SAP原料のアクリル酸などの基礎化学品の売上高は1681億円(構成比は36.9%)。紙おむつの原料となるSAPなどの機能性化学品の売上高は1983億円(構成比は54.6%)。

 日本触媒はSAPや原料のアクリル酸を自社生産しており、同業他社と比べて競争力はある。12年9月、兵庫県姫路市の工場で爆発事故を起こし、一時的に世界規模でSAPの供給不足に陥ったほどだ。

 株主構成は、住友化学工業が持株比率6.69%で筆頭株主。三洋化成は3.11%保有する7位の株主だ(19年3月末時点)。

紙おむつ“素材”市場、また中韓メーカー台頭で世界的戦乱状態…日本連合が圧倒的シェア1位へのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事