NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

否定の声が強烈な『偽装不倫』、視聴者を困惑させた杏の番宣・相手役・原作改変

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
否定の声が強烈な『偽装不倫』、視聴者を困惑させた杏の番宣・相手役・原作改変の画像1
偽装不倫|日本テレビ – 日テレ」より

「さすが東村アキコ!」と言いたくなるインパクト大のタイトルとコンセプトで、放送前から注目度の高かった『偽装不倫』(日本テレビ系)。第1話の視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、「好スタート」という論調の記事が飛び交っている。

 しかし、今やドラマにおける視聴率は参考程度でしかなく、当の日本テレビも「広告効果の高い若年層にどれだけ見てもらえているか」を優先しているようだ。だからこそ、ネット上の声が気になるのだが、まさに賛否両論だった。

 さらに気がかりなのは、“賛”のコメントが「普通におもしろかった」「次回も見てみよう」という冷静なものだった一方、“否”のコメントが「最初から違和感があった」「すごく物足りなさを感じる」という強烈なものだったこと。

“否”の声が強烈だった理由には、どんなものが考えられるのだろうか。

番宣で幸せエピソードを話しすぎた

“否”のコメントでもっとも多かったのは、「現実の杏が幸せすぎて、婚活が失敗続きの32歳に見えない」という声。杏は同作の番宣で多くのバラエティに出演してきたが、そこで3児の子育てに励むエピソードを何度となく話していた。

 もちろん杏に非はないのだが、番宣に出すぎた上に、幸せエピソードに頼りすぎたバラエティの構成が弊害になっているのは間違いない。つまり、ドラマが始まる前に、視聴者の頭には幸せオーラを振りまく杏の姿が刷り込まれてしまったのだ。番宣出演は仕方がないにしても、やはり昭和の俳優たちがそうだったように、「できるだけ家族の話はしない」という対応が賢明なのだろう。

「現実の杏が幸せすぎる」という“否”の声には、「杏はラブコメが似合うはずなのに、今回はダメだった」というものもあった。これは同じラブコメで好評を博した2015年の『デート ~恋とはどんなものかしら』(フジテレビ系)のことを言いたいのではないか。

 当時は東出昌大との結婚を発表したばかりであり、まだ現在ほどの幸せオーラはなかった。わずか4年の間に杏を見る視聴者のイメージが大きく変わったのだろう。

仲間由紀恵の不倫こそ背徳感

“否”のコメントで、それ以上に深刻さを感じさせたのは、「メインの2人に色気がなくてドキドキしなかった」という声。偽装ではあるが不倫を扱ったドラマであり、初回からキスシーンもあった。それにもかかわらず、「色気がない」「ドキドキしない」という声が少なくなかった現実は深刻だ。

 杏は前述したように幸せオーラを漂わせている上に、もともと色気のあるキャラクターではない。一方の宮沢氷魚も二世俳優らしい品の良さがあり、「僕と不倫しませんか?」のセリフに危険な香りはなかった。たとえば、上戸彩と斎藤工が背徳感を醸し出して熱狂的な支持を集めた『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)と比べたら、色気やドキドキの差は歴然としている。

 また、残念ながら“否”の声には、「杏はいいけど、相手役の子が微妙」「もう少し演技のできる人で見たかった」という宮沢に対するものも目立った。宮沢はフレッシュさが抜群である半面、不倫という作品テーマを担う最重要人物を演じる上で、経験の浅さを感じてしまうのだろう。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

否定の声が強烈な『偽装不倫』、視聴者を困惑させた杏の番宣・相手役・原作改変のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事