NEW
エンタメ

宮迫博之、テレビ界で復帰絶望ムード…反社勢力からギャラ100万円、金銭目的は明白

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「吉本だけでも今回処分を受けた人たち以外に芸人はたくさんいますし、ホリプロや松竹芸能、ソニー・ミュージックアーティスツ、ナベプロ、サンミュージックなど大手芸能事務所の芸人たちは、ここぞとばかりに手ぐすねを引いてポジションが空くのを待っていますよ。宮迫をはじめ謹慎処分が解けたとしても、これまで通り地上波で冠番組が持てるほどまで復活することはないでしょうし、“ギャラ100万円”というインパクトのある事実が公になり、もはや再起不能という見方も強いです。

 テレビ朝日は、宮迫不在のままで『アメトーーク!』を継続することを発表しましたが、再びMCに舞い戻るのは現実問題として難しいと思います。また、同じくテレ朝の『ロンドンハーツ』も正直言って亮が不在でもまったく支障はないので、世論の反感を買ってまで亮を戻す必要もないでしょう」

 宮迫の置かれた状況は厳しい。
(文=編集部)

関連記事